時のまにまに…

KinKi Kids・ふぉ~ゆ~・トラジャ 正直しんどい毎日に幸せと刺激をくれるジャニーズへの愛を語る。

【雑談】何を聴いても歌詞が突き刺さるよねって話

本当に本当になんにもやる気が起きない。

 

PCに向かってブログを書き始めたけど、この気持ちが書き終わるまで持続するかも自信が無い。

 

寝て起きて今日もぼけっとしてたら一日が終わっていく。

たぶんだけど、私はジャニーズ依存症的なところがあって、どんだけなにもやる気が起きなくて、ご飯すら食べる気力が無くても、とりあえずTwitterを開いておたくの言葉を摂取して好きなアイドルに何か動きが無いかをチェックする。これはもはやご飯を食べることよりも今の私に染みついていて抜けない習慣のようなもので、やりたくなくてもやってしまう域に達していて止められない。ネット依存なのは間違いないんだけど、ジャニーズ以外のこと、例えばリア友のインスタを見るとかは全く興味なくていつだって止められるから、だからジャニーズ依存症なんだろうなって思うよね。

 

 

話は変わるけど、音楽もまた私の日常に欠かせないものの一つ。

音楽をかけていなくても、脳内に突然曲が流れてきて、気付けば歌ってる。最近、自分が何気なく歌っている曲の歌詞にハッとさせられることがよくあるんだよね。ブログは長文の独り言記録だから、後々になってこのなんにもしてない期間に私が何を感じてたのかを思い出す時に役に立つかなって思って書いてみてる。

 

いつの日からかジャニーズの曲以外をほとんど聴かなくなってしまった。これってすごく勿体ないことだよなって感じながらも、自分の興味の幅が日々狭まっている状態に見て見ぬ振りをし続けている。やっぱりアンテナは広く張っておくべきだよ。(自戒)

 

ジャニーズの曲って、自分の思い出とかライブやテレビの記憶との結びつきが強いから、ただ純粋に曲を聴いていられるのって初めて聴いた瞬間だけな気がしてた。でも、なんだか最近、もうずっと前から聴いてたはずの楽曲が、全然違う印象で聴けるようになってきて驚いてる。

それはたぶん、現場が全く無い日々を経験しているからなのかもしれなくて、あと自分自身の置かれている環境・状況が今までに無いくらい“やばい”からこそ。

 

 

いつの日か、こんなにしょうもない日々を送っていた自分を懐かしく振り返ることが出来る日が来るのかな…なんて、ちょっと感傷的になってみたり。3月に入ってから、ホントに何もしてないまま気がつけば3ヶ月の月日が経ち、そろそろ6月が来る。

20年ちょっと生きてきて、こんなにも「無」だった期間は記憶がある限り初めて。

春をぶっ飛ばして、夏に想いを馳せる。

 

果たして、夏の私は頑張れるんだろうか。さすがにずっとこのままではまずいって、頭ではわかってるつもりなんだけどね…

 

 

生きていくのってなんかすごい悩むことばっかりでつらいし大変だね。先が見えないな~、、、困ったなぁ、、、

 

 

くよくよするなよ 悩むくらいなら

ここにおいでよ 夏が待ってる

晴れ渡る空に この手を伸ばそう

白いあの雲 きっと掴める

 

繰り返しの日々に そっと忘れかけてた

ドキドキや トキメキ 探しに行こう

 

 

かけがえない日々を 絶対忘れないように

キラキラの カガヤキ 見つけに行こう

(King&Prince『サマー・ステーション』)

 

誰もがこの星の 大切な Prince Princess

未来は君の手に託される

ボロボロになっても ダメダメになっても

立ち直れる君は Prince Princess

 

誰もが空の下 美しい Prince Princess

扉を開くカギ握ってる

ボロボロの涙で ビショビショになっても

立ち上がれる君は Prince Princess

(King&Prince『Prince Princess』)

 

音楽はいいね、やっぱり。

 

 

 

 

なんにもやってないって言っている私が、最近ハマってることとか毎日やってることがあるので記録しておく。

なんにもやっていないというのは「やるべきであることを」なんにもやっていないだけであって、それ以外の生活はなにもやっていないなりになにかしらやっているんですよね~大いなる矛盾をさらけ出していくスタイルです( ̄。 ̄;)

 

  • その一、中国ドラマにハマる

韓国・中国・台湾ドラマ 中国時代劇「武則天-The Empress-」 | BS11(イレブン)|全番組が無料放送

中国ドラマ「霜花の姫~香蜜が咲かせし愛~」 | 中国ドラマ | BS無料放送ならBS12(トゥエルビ)

 

BSで放送中の2本の中国ドラマを見始めたらゴリゴリにハマった(笑)母が韓流ドラマを見続けて15年以上という猛者なので、BSでやっているアジアドラマ枠はたくさん録画されているんだけど、たまたま始まったばかりの中国ドラマを一緒に見たら面白くて、今では私の方が続きが気になっているくらい。

月~木と月~金なので平日の夜の楽しみは、このドラマを立て続けに見ることです。最近の木曜日はトラジャのYouTubeとこれらのどっちを優先するかに悩まされています。

 

武則天の方は、主演の女優さんがまぁとんでもなくキレイ。ファン・ビンビンさんって言うらしいよ。女同士の怖い争いが次から次へと起きて、陰謀があちこちで企てられて…とんでもないドラマだわ。歴史上の人物を描いた作品で、時代物はやっぱり面白いなぁって思いますね。衣装とメイクも美しくて、華やかな感じが好きです。それから、出てくるオンナがみんな怖くて最高!ドロドロなんだけど、女優さんたちみんな悪いオンナがお上手です、、、すごいね。

全82話くらいあるみたいだけど、まだ30話くらいなので、まだまだ楽しめそうです( ´艸`)

 

霜下の姫の方は、超絶ファンタジーでばりっばりのCGがすごい(笑)神とか精霊とかの話なんだけど、設定がぶっ飛びすぎてて1話の時点では何が何だかよくわからなすぎて、逆に興味を惹かれちゃったよね~。あと、めちゃくちゃワイヤーアクションがある!空飛びまくってるから面白すぎてヤバい( ̄∇ ̄)

あとね、俳優さんが誰々に似てる!って言うので母と盛り上がったのですわ。

ダン・ルンっていう俳優さん、私には、なにわ男子の道枝駿佑くんに似てると思うんだけど、母には若い頃の東山紀之さんだって言われて、確かに~~~~!!!ってなったんだよね(笑)

レオ・ローっていう俳優さんは、私には中川大志にしか見えないんだけど、母には錦戸亮に似てると言われた。確かに言われてみれば20代の頃の亮ちゃんに似て無くもないなって感じ。

 

  • その二、QuizKnockにハマりそうで怖い

YouTubeを漁っていたらたどり着いたQuizKnock。見始めたら面白くてハマりそうでビビってる。高校時代の数少ない友達の一人に東大王に激ハマりしてた女がいたので、危険だと言うことは知っているから、とりあえずハマりすぎないように浅瀬でちゃぷちゃぷしていたいなって思ってるところです。

頭のいい人は面白いから沼だよね、ヤバいことだけはわかる。ただ純粋に動画が面白いなぁって言ってる分には良かったんだけど、だんだんメンバーが可愛く思えてきちゃったので危険信号が出てるのに気がつきました…

推しをこれ以上増やすのはやめようとしているのに、、ジャニーズJr.にハマった時点でもうこれ以上別ジャンルには手を出さないと心に誓ったのに、、、と一生懸命抗っています。ちなみに可愛いなって思ってきてるのはこうちゃんと山本さんです。危ないです。もうちょっと前だったら恐らく川上さんにハマってた…動画見始めた時に既に卒業されていたおかげで助かったかもしれないです。

 

  • その三、ポケ森にハマりかけた

みんながあつ森あつ森って言い始めた後くらいに、どうぶつの森を知らなかった私は、みんなが言っているゲームってどんなもんなんだろ?と思い、調べるとスマホアプリ版があったので暇つぶしにやってみるか~とインストールして、毎日相当な時間をポケ森に費やしてしまっていた。

幼い頃から親にゲームを与えられること無く生きてきて、唯一持っていたのがたまごっちというレベルの私。ゲームは全般的に超絶苦手です。ゲーム機は触ったことが無いです。小学生の頃、友達のお家に遊びに行って、初めてマリオカートをやらされた時に私には出来ないと悟ったので、それ以来見ている専門です。

レースとかの勝負する系は出来ないけど、シミュレーション系は出来るのでは?と思って始めたNEWSに恋してですら1ヶ月頑張って無理だったから諦めて即アンインストールしたし、あまりに暇すぎた時に友達がやっているのを見てこれならできるかも!と思ってやってみた2048とかのパズル系のゲームも長くて1週間で飽きた。

とことんゲームに向いていないことを自覚していながらも、なんとポケ森はなんと4月の頭から昨日(5/26)までほぼ2ヶ月も続いてしまった…(゚Д゚)人生初だよ、ゲームにハマったの!

 

ハマった理由は私ならではのもので、リア友と電話したときに話したらすごい爆笑されたんだけど、

「どうぶつが話しかけてくれるのがうれしい!」

「仲良くなってきたどうぶつからは頼られ始めるのがうれしい!」

「友達申請したら全然知らない人なのに友達になってくれる人がいる!うれしい!!」

という、悲しいほどに友達が少ない私にとっては感動的な、普通の人からしたら爆笑できるらしい理由でした…(^_^;

 

大学に行かないと本当に誰ともしゃべんないし、リモート飲みとかに誘ってくれるほどの仲良しな子なんて居ないし、電話でくだらないおたくトークに付き合ってくれる友達も3人くらいしかいないし、というさみしすぎる現状で、どうぶつたちは心の癒しになってくれていたのでした(笑)

メキメキとレベルとどうぶつとの仲良し度を上げ、毎日3時間おきにログインして、イベントもこなして、、、という生活をしていたんだけど、ゲームはスマホの容量を食うことと、単純に目が疲れたことが原因となって、昨日潔くアンインストールしました!たぶんもうやらないわ!またインストールして始めてたら笑えるけどね!

 

 

友達がマジで居ないタイプのオタク、現実世界を諦めると反動がすごいことがわかった。

 

とまぁ、そんなこんなで、なんもやってないわりになんかやってることが証明できたので今日はここまで!

 

書きたかったことは書き終えられたよ!めでたいね!なんでも最後までやりきることが超苦手なので、ブログを一つ書き上げただけだけど嬉しいです(^▽^)

 

お金がかからないけど満足度が高くて、なるべく長く続けられて、気軽に始められるような、最強の新しい趣味を見つけたいなぁ~

 

長い長い独り言でした!

 

そる(2020/05/27)

松倉海斗くんと堂本剛さん

今回は前々から書きたかった松倉海斗くんのことを書きます。

 

私はKinKi Kidsが大好きなTravis Japan松田元太くん担です。

松倉担じゃないのだけれど、私は去年から猛烈に松倉くんが気になっているんです。

 

なぜかってそれは、松倉海斗くんがやたらと堂本剛さん>の名前を出すから!!

 

エピソードなどをまとめていたら鬼長くなってしまったので目次つけときます…

 

 

 

 

①松倉くんのことが気になる理由

キンキが好きだったことがきっかけの一つとなって松松を好きになった私は、まだまだファンとして日が浅い。特に昔の知識が足りなすぎる。

キンキはトラジャよりもファン歴は長いけれど、ずっと所謂お茶の間ファンだったからEndless SHOCKですら初見は2018の帝劇…。

私が知っているのは本当にここ1~2年くらいのごくごく最近の彼の発言だけなんです。

 

雑誌などで影響を受けた先輩や音楽を尋ねられたり、家での過ごし方を答えたりするときに、松倉くんは必ずと言って良いほど頻繁に<堂本剛さん>の名前を出してお話をしている。

私が初めて観に行ったトラジャのライブ“ぷれぜんと”*1でも、松倉くんがプロデュースしてみんなで披露した楽曲は剛さんのソロデビュー曲である『街』。YouTubeでカラオケの十八番として紹介されたのもこの曲だった。*2そして2019夏のサマパラでは、剛さんの剛紫名義でのアルバム『美我空』から『FUNKAFULL FUNKAFULL』をトラジャで披露してくれた。これはマジで衝撃的だった。え?!美我空?!え?FUNKAFULL FUNKAFULL?!という驚きね。この曲の次がうみんちゅ(中村海人くん)のソロだったから、うみ以外だったんだけど、いつかうみも参加してやって欲しいなぁ~

美 我 空 - ビ ガ ク ~ my beautiful sky 【通常盤】

美 我 空 - ビ ガ ク ~ my beautiful sky 【通常盤】

  • アーティスト:剛 紫
  • 発売日: 2009/04/10
  • メディア: CD
 

 

 

KinKi Kidsの曲はJr.にカバーされる名曲がいくつもあるけど、剛さんのソロは後輩がやっている印象はあまり無かった。というのも、剛さんのソロプロジェクトはKinKi Kidsの活動とは切り離されているし、ゴリゴリのファンクをやっているから。

tsuyoshi.in

剛さんのソロの音楽を大好きな後輩というと、SixTONESジェシーと関西ジャニーズJr.の古謝くんの印象が強い。とっつーとか辰巳くんとか、他にもいるけど私の個人的な印象ね。これはキンキ担として以前から抱いていた気がする。ソロのライブに見学に来ている印象もあるし、ことある毎に名前を出しているし、剛さん自身の口から彼らの話が出てくることもあるくらいで、ファンに浸透している強火堂本剛担。

そして近年突如として現われた新星が、松倉海斗くんなわけです。

自分のソロとしてカバーするのならあり得そうだけど、私は松倉くんが自分自身のハマっている趣味である剛さんの音楽をTravis Japanという所属グループに取り入れたことが衝撃だった。もちろん、良い意味で。

 

 

②トラジャのダンスと剛さんの音楽の話

そして声を大にして言いたいのは、

トラジャとファンクは親和性が高いんじゃないかっってこと!

 

要は剛さんのソロの音楽とトラジャのダンスは相性が良い気がするという話です。

 

Travis Japanの武器はダンス。売りはシンクロダンス。

トラジャのメンバーは全員が高いダンススキルを持っていて、表現力もピカイチ。それぞれの個性を生かしながらも全体として揃ったダンスが見どころであり、評価されているグループです。

 

ただ単にカウントでびっちり揃ったダンスをひたすら見るだけでは、時として面白みに欠けるところがあるかもしれない。ライブなどのセットリストには、やっぱり緩急をつける必要があるし、1曲の中でもストーリーというか揃えてキメるところとフリーで個性を出すところがある方が飽きずに楽しめる気がする。

彼らのオリジナル曲の一つに『Happy Groovy』という曲があります。オリ曲はどの曲もそれぞれにトラジャの魅力を引き出してくれる神曲ぞろいだけど、ハピグルはグループの中の個々人を見るのに適した曲だなぁと私は思うんです。個性が見やすいから。

▼2018年3月26日のJr.祭り単独の横浜アリーナ

youtu.be

▼2018年11月18日公開の定点

youtu.be

▼2019年10月15日のオースティン横浜アリーナ(秒数指定)

youtu.be

 

彼ら自身も“揃える”ことにおいて色々と模索しているようで、個性を殺さずに揃えるためにはやはりパッション(心とか気持ちとかとも言えるかも)を揃えることが重要なポイントみたいだっていうのを、彼らのシンクロダンスについて話しているテキストや動画を見ているとなんとなく感じる。

 

だからこそファンクとかはいいと思うんです!

 

私は音楽に特別詳しいわけでもないし、剛さんを好きになるまでファンクミュージックがどんなものなのかも全然知らなかった。なんなら最初はちょっと苦手だとすら思った。でもCDを聴きこんで、ライブに行ってその魅力を知りました。

 

ただただGrooveに身を任せて、思い思いに音を楽しむ。そしてその場にいるみんなで音楽を感じて作りあげる。

これってパッションが揃っていないと成立しないし楽しく感じられないんですよね。剛さんのライブでのセッションとかを聴くとわかると思うんですけど、はちゃめちゃに長いセッションでもミュージシャンの方々の演奏に心を寄り添わせているのが超心地よいんです。

ああいう音に、グルーヴに、身を任せて自由に踊っているトラジャを見たい。その場限りの即興的なものとスキルの融合って最高だと思います。トラジャくんたちは音楽を楽しめる才能を持っているし、セッションをできるレベルの高度なダンススキルを持っていると思う。(偉そうな口きいてごめんなさい、でもそう感じる)

だから生バンドの音楽で踊るトラジャが見られたら幸せだろうな~なんて去年の春頃に言ってたんですけど、去年のうちに夢が叶ってしまいました…!!

夏にはサマパラでハピグルからのFUNKAFULL FUNKAFULLという神セトリを披露してくれて、10月にはオースティン・マホーンとのコラボで横浜アリーナで生バンドの音楽で踊ってくれた!!!

 

それらを観た感想は、やっぱりね!!!合うじゃん!!!!最高じゃん!!!!!という感じです。

 

 

松倉くんが剛さんの音楽に出会ってくれて良かった。これからもぜひトラジャにファンク要素を取り込んでいって欲しいなって、私は思います。

 

 

③松倉海斗くんが語る堂本剛さん

ここからは余談なんですけど、個人的に松倉くんが剛さんの話をしている場面を自分用のメモとしてまとめておきたいと思います。

私調べなので、たぶんもっともっと沢山あると思うのですが、とりあえず見つけられたものだけ…。有識者の方からご教授いただきたい、、、情報お待ちしております!(もし出典など含めて教えていただけたら、以下に随時追加していきたいと思います)

 あと!私はあまり雑誌を買わないタイプなので原文のままかは定かじゃないし、出典が不明瞭です、ごめんなさい(×_×)ライブのレポとかはTwitterを検索しました。

 

2018年

☆Summer Paradise 2018☆

2018/08/24 TDC(レポツイ参照させていただきました)

 

トラジャ公演のオーラスのトリプルアンコにてENDRECHERIの2018年ツアーTシャツ(白いやつ)を着て登場。

 

☆ダンススクエア vol.27☆

2018/09/27発売 P.112

 

影響を受けた曲に「街」と答えている。

堂本剛くんの曲です。去年この曲に出会い、サビの歌詞に深く共感しました。落ち込んだ時、自分を見失いそうになった時、今はこの曲が、僕の心の指針になっています。」

 

2019年

☆anan 2134号☆

2019/01/09発売

 

僕にとっての平成の一曲に『街』を選んでいる松倉くん。

「’17のKinKi Kidsさんのコンサート以降、おふたりの曲を聴きあさり、テレビもラジオもチェックしています。その中で出会ったこれが、生きてきた中で一番心に刺さった曲。サビの歌詞がすごく自分とリンクするんです。」

 

☆ジャニーズJr.チャンネル(YouTube)☆

2019/01/31公開

 

Travis Japan【質問に答えます】NGナシの全力回答!喋りすぎ注意

コメント欄で募集したファンからの質問に答える企画で、「カラオケの十八番は?」という質問への松倉くんの答えが「堂本剛さんの街」。

そのあとすこし歌っています。(4分23秒~秒数指定リンク▼)

youtu.be

 

 

★堂本 剛 とFashion & Music Book★

2019/03/09放送

 

剛さんのラジオにお便りがきて、松倉くんが剛さんのことを尊敬しているという話から、松倉くんの好きな『街』を流してくれた。

 

☆ISLAND TV☆

2019/03/25 Travis Japan「本番前日@横浜アリーナ

 

以下の動画にて、ENDRECHERIの2018年ツアーTシャツ(白いやつ)を着ている。

j-island.net

 

Travis Japan Concert 2019 ~ぷれぜんと~☆

2019/03/26 横浜アリーナ

 

ライブのセットリストに『街』。松倉海斗Presentsの曲として選ばれた。

松倉くんが赤いアコスティックギターを持って登場し、トラジャのメンバー全員で歌ってくれている。

(素顔4のTravis Japan盤にて映像化されている。期間限定予約販売だったためもう手に入らない…)

 

 

☆Johnny's web とらまる(僕ら虎の子、ひのまるしょって)☆

2019/04/26更新(有料サイトなので内容の要約だけ)

 

4月の出来事についての話題で、京本会で京本くんと神宮寺くんから単独の“街”の感想をもらった話。

お香についての話題で、寝る前に部屋でお香を焚くのが日課になっていると紹介。お香を焚きながらやっていることの一つに

ゆっくり堂本剛くんの 東大寺のDVDを見たり。」と挙げている。

 

☆らじらー!SATURDAY☆

2019/05/25 10時台

 

10時台のMCに川島如恵留くんと松倉海斗くんが登場。叱って!如恵留ママとかいうなかなかにヤバい企画が世に放たれた、Island Festival直後のラジオ。

10時台2曲目のリクエストソングで単独公演でやったからとリクエストされた『街』が流れました。

【5月25日のらじらー!サタデーまとめ】 | これまでのまとめ(サタデー) | らじらー!:NHK

 

曲を流す前の会話(ニュアンス)▼

松:やりましたね~街。

川:言っちゃったじゃん今(笑)

松:あ、やべぇ言っちゃった!

川:まぁ言っちゃっても良いんだけどね

松:まぁまぁまぁ・・・

川:初めてのギター披露だったもんね松倉は

松:そうですね、あとねこの曲はね、あのまぁ僕の尊敬する、あの~堂本剛くんの、楽曲で、で僕の、全ミュージックっていうか、そのこの世にある音楽の中で、一番、あの~、自分の、指針になっている曲っていうか、

川:あ~!

松:なんかちょっと迷いそうになななっ○×▲まっ(噛み噛みww)

川:(笑)迷いそうになった時ね!

松:迷いそうになった時に、なんかあの~、なんか戻してくれるみたいな

川:なるほど、自分の軸として

松:芯になって

川:芯としてある曲なんですね

松:ていう曲ですね

川:なるほど!

 

 WiNK UP 2019年6月号☆

2019/05/07発売 (紛失したため出典ページ不明)

 

「最近、家に帰ったら好きなお香を焚いて、剛くんの『東大寺LIVE2018』のDVDを何度も見かえすっていうのが日課になってるくらい、剛くんにどっぷりハマってる。このあいだ、仕事現場の廊下をひとりで歩いてたら、たまたま前から剛くんが歩いてきたの!オレ、ビックリしすぎて、本気で3秒くらい固まっちゃって(笑)。やっとのことで「おはようございます」ってあいさつしたよ。こんなラッキーなことってあるんだなって感動した。“このあいだのライブで、剛くんの曲を歌わさせてもらいました”とか“ラジオでボクの話をしてくれてありがとうごさいました”って話したいって思ってたんだけど…結局、勇気が出なかった(笑)。1対1でお話できるチャンスだったんだけど、マジで心臓が止まっちゃうんじゃ…っていうくらい鼓動が早くなって、目もうっすらうるむ勢いで(笑)。ファンの人の気持ちが、すっごくよくわかったよ。」

 

☆ISLAND TV☆

2019/05/13UP

 

ここで松倉くんが着ているのは、もしやFUNKY レジ袋タンクトップでは??背中にクーさんいるよね??

j-island.net

 

☆FRONTROW オースティンとトラジャのWインタビュー記事☆

2019/06/05

 

松倉くんの聴いている洋楽が、剛さん的な要素を感じる答えだったので驚いた。彼がファンクにハマっているのは間違いないと確信した記事。

 

洋楽とかどういうのを聴いているんですか?

松倉:僕はジョージ・クリントン…。

えっ、そんな渋いものを!

松倉:いろんなジャンルで最近友達におすすめされたのがエリック・クラプトン。それはブルースなんですけど、いろんなジャンルの音楽を聴きたいなっていうのはあります。

front-row.jp

 

☆Summer Paradise 2019☆

2019/08/10~22 TDC

 

セットリストに剛紫の『美我空-ビガク~my beautiful sky』より『FUNKAFULL FUNKAFULL』。ハピグルでムービングステージ移動、バルコ近くに行ってFUNKAFULL FUNKAFULLでダンス。衣装は8・8の新衣装のジャケット脱いだ感じ。キラキラストライプのパンツにラメっぽい黒トップスをタックイン。右手にシルバーのグローブ。

曲尺は短めだけど、見所がトラジャらしい感じになっていたので感動。ラスサビでムビステ端に横並びで腰掛けて踊るのが素敵だった。

 

Everybody 手を繋ぎ踊って

Go FUNKAFULL!!! Go FUNKAFULL!!!

Everybody 君だから行ける

Go FUNKAFULL!!! Go FUNKAFULL!!!

(間奏)

ココロオキナクフアン

心おきなく不安 時代が狂い詩う

ココロオキナクフアン

 

夜空に黒い月が咲いた…

 

誰かが作った居心地良い

なんかDeepなMusic○△□●▲■!!!U△U

 

Everybody 愛しいこの景色

刻め刻めよ

Go FUNKAFULL!!!

Everybody 愛を死なせるな

唱え唱えろ

Go FUNKAFULL!!!Go FUNKAFULL!!!

 

Everybody 美しいこの景色

刻め刻めよ

Go FUNKAFULL!!!

Everybody 愛を途絶えるな

唱え唱えろ

Go FUNKAFULL!!!Go FUNKAFULL!!!

 

☆Summer Paradise 2019☆

2019/8/21 昼公演MCにて(レポツイ参照させていただきました)

 

前日(20日)は休演日だったことから、昨日何したかについてのトークになった。

松倉くんは、剛さん(ENDRECHERI)のアルバム『NARALIEN』と服を買ったという内容だったらしい。

 

NARALIEN (Original Edition) (特典なし)

NARALIEN (Original Edition) (特典なし)

  • アーティスト:ENDRECHERI
  • 発売日: 2019/08/14
  • メディア: CD
 

 

その流れから、FUNKAFULL FUNKAFULLも松倉くんの選曲であることが公表され、ファンの人をクラブでナンパしにいくようなコンセプトで演出されていることがわかった。

 

 ☆Summer Paradise 2019☆

2019/08/22 オーラスMCにて(レポツイ参照させていただきました)

 

事務所の上の方の方が剛さんにトラジャがサマパラでFUNKAFULL FUNKAFULLをやっていることを伝えてくれたらしく、剛くんが喜んでくれていたと伝え聞いた松倉くん。それをサマパラの思い出として振り返ってる時に話してくれた。いつか曲を書いてもらえたら嬉しいね、といった内容のトークもあったらしい。

 

☆TVガイド☆

2019/11/13 インターネットTVガイドのスペシャルインタビュー

 

二代目和風総本家に出演するにあたり、TVガイドさんに取材された松倉くんが和の心を感じる瞬間は?という質問に対しての答えで剛さんの話をしている。 

www.tvguide.or.jp

 

「あとは、堂本剛くんのライブDVDです。奈良の東大寺でやっていたライブなんですが、もう雰囲気が和、日本って感じで、すごく良くて。」

 

☆Johnny's web とらまる(僕ら虎の子、ひのまるしょって)☆

2019/12/26更新(有料サイトなので内容の要約だけ)

 

12月の出来事の一つに挙げられたのが、剛さんの話題。

堂本剛くんを尊敬していると語る松倉くん、「生き様や才能の全て」とまで言っているのがすごい。ガチ尊敬、もはや崇拝のレベル。「ラジオや楽曲など」も沢山聴いているようで、就寝する前の日課として蓮の花を連想させるお香を焚いて「東大寺LiveのDVD」を観ているそう。

 

堂本 剛 東大寺LIVE2018(Blu-ray通常盤)

堂本 剛 東大寺LIVE2018(Blu-ray通常盤)

  • 発売日: 2019/04/10
  • メディア: Blu-ray
 

 

 

「そんな愛してやまない

堂本剛くんを目の前に。

 

なんと…

 

ついに…

 

想いを伝える機会がありました(ToT)」

だそうで、なんと2ショットもサインもいただいたんだって!すごいね!良かったね!!

△△FUNK△△

 

2020年

☆DUeT 2020年2月号☆

2020/01/07発売 P.29

 

松倉くんが年末のブログで書いていた剛さんに想いを伝える機会というのは、FNS歌謡祭(恐らく第1夜)だったことが判明。撮ってもらった2ショット写真は待ち受けにしたらしい。辰巳くんと一緒にご飯に連れて行ってもらう約束までしたらしい!剛さんと話せたことが相当嬉しかったんだろうなって感じでした!(私はD誌紛失したので具体的なテキストがわからなくて、記憶と検索によるニュアンスです。)

 

☆TVガイドPLUS vol.37☆

2020/01/14発売

 

「オレのドリームチーム」というドラフト企画で、松倉くんの選んだメンバーの一人に剛さん。

堂本剛安田章大戸塚祥太中山優馬

→「俺がかっこいいと思う、尊敬する人たち。全員でバンドがやりたいです。曲も作りたい!ランダムで担当の楽器を変えても楽しいかも。ユニット名は「魂」。皆さんに共通するものが“魂”なので。」

 

☆ザ少年倶楽部 Jr.にQ☆

2020/02/07放送

 

Jr.にQのコーナー、「ボクが愛してやまないモノ」として『堂本剛くん』と答えた松倉くん。

「お香を焚きながら部屋を真っ暗にして間接照明をつけて、剛くんの東大寺でやったライブを聴くのが趣味。(寝る前に。)

歌番組でご一緒させてもらって(FNS歌謡祭のこと)、剛くんが僕が尊敬しているっていうのを知っててくださって、サインと2ショットをいただきました。マネージャーさんから言って下さって、サインと2ショットあげるからあとで来てって、めっちゃ緊張して、、

ツーショットは待ち受けにしてます!」

ふみとつとジャニ伝のYou…の話とかも。

 

☆Johnny's web とらまる(僕ら虎の子、ひのまるしょって)☆

2020/04/26更新(有料サイトなので内容の要約だけ)

 

4月の出来事。デッサンにハマっているという松倉くん。

絵を特技にしたいと語る彼が、最後に載せた写真が「堂本剛くん」。

剛さんのお顔をデッサンしたようです。ちゃんと似ている似顔絵。右上に見切れてるのは自画像ですかね?

 

☆ISLAND TV☆

2020/05/07UP

 

松倉海斗「街」

j-island.net

 

☆ISLAND TV☆

2020/05/09UP 

 

これはおまけ的な感じだけど一応ね。

七五三掛龍也、松倉海斗「愛のかたまり」

j-island.net

 

Travis Japan 公式 Instagram

2020/05/10更新

 

#トラジャ愛用品リレー の松倉くんの番。ENDRECHERIの最新アルバムに先立って公開された動画(下記リンク)の剛さんを意識している感満載。

添えられた絵文字すらもケリー一色に染まっている。さすがだ。

そしてたぶん彼が着ているのはFUNKYレジ袋タンクトップだと思われます。ケリーのツアーグッズです。前にもISLAND TVで着てたね。

tsuyoshi.in

f:id:saltre244:20200518032516p:plain

 

 

どうも。松倉海斗です。
僕の愛用品を紹介します。
僕の愛してやまない相棒
赤いアコースティックギター
最近仲間入りを果たした
ピンクのエレキギター
最近は毎日ギターの練習をしたり
音楽の知識や歴史を勉強しています。
音楽最高だぜ。
😎🤘🎸🕺🛸🥞🔮

www.instagram.com

 

☆non・no web(本紙6月号掲載記事)☆

2020/05/16

 

Travis Japanの素顔に接近!vol.3】-知れば知るほど好きになる♡ときめきQ&A- 吉澤閑也・松倉海斗・松田元

トラジャにおける自身のキャラクターを尋ねられて、

「ギターと作詞作曲をやらせてもらってます。始めたきっかけは、堂本剛くんのアーティスティックな姿に憧れて。好きでやってることが周囲に個性として認められるのはステキなことだなと思うし、何よりもうれしい!」

nonno.hpplus.jp

 

エピある度に随時更新したい所存。松倉くん、今後とも堂本剛さんへの愛の発信をお願いします。

 

 

 

④松倉くんへ同世代の同担からメッセージ

今回③で色々とまとめてみて、剛さんを好きになったのはどうやら私の方が少し早いみたいだということがわかった。KinKi Kidsのライブはパッと調べた感じでも2016年、2017年、2019年とか何回も行っているみたいなんですけど(さすがSHOCKカンパニーの一員!)、松倉くんが剛さんのソロライブを見学したという目情は目にしてないし、たぶんだけど、まだ観に行けたことは無いんじゃないかなって思う。少なくとも去年は見事にお仕事と被っていた印象だったので…私がもどかしく思うくらいに…笑

キンキのライブでソロをやったのは2017年のオケコンがかなり久しぶりだったはずなので、松倉くんが剛さんを気になるきっかけになったのは『KinKi Kids CONCERT 20.2.21 -Everything happens for a reason-』のPINKかこれ跨を聴いたからなのかなとか思ってるんですけど。まぁ、ホントのところのきっかけなんてのは彼本人しか知り得ないし、知らなくてもいいと思うんだけどね。気になっちゃうのよ、なんか。

 

剛さんのライブに、ぜひ行って欲しい。あの空間を、松倉くんはどんな風に感じとって、どんな感想を抱くのか、私はとってもとっても興味があります。

私は剛さんの音楽にハマってから、過去の私だったらあり得ないくらいフットワークが軽くなって、足繁くライブに通ってみたり、どうにもこうにも諦めきれなくて授業の合間を縫ってド平日に軽く遠征したりするようになった。

精神的にツラくなった時に出会って救われたのが剛さんの音楽だったから、勝手ながら松倉くんと同じような経緯で剛さんにハマっている気がする。とか、自分と重ねている部分が大きいのかもしれないです。とにかく松倉くんが剛さんを好きだと言う度に、興味がわくのです、松倉くんに。

松倉くんを通じて剛さんの音楽に触れる人も少なからず居ると思うし、私は松倉くんが好きな剛さんの音楽を知ることで、松倉くんのファンの方が彼自身をより深く理解する・好きになるきっかけになるのは間違いないと思う。松倉くんが歌っているから『街』って良い曲だよねって、言ってくれる人が沢山いると思うし、それはとっても素敵なこと。剛さんファンの一人である私からすれば、あと一歩、もう一歩踏み込んでくれたら、世界が変わって見えるかもしれないよって、思う。

 

松倉くんが度々取り上げている『街』という楽曲。この曲はKinKi Kids堂本剛さんを好きになったことがある人なら誰しもが共通して特別な想いを抱いている曲だと思う。剛さんという一人のアーティストを知る上で、とっても重要な曲だし、この歌を歌うタイミングはいつだってとびきりの想いが込められているから。

松倉くんが寝る前に観ていると去年何度も言っていた東大寺のライブDVD。このライブでも『街』は歌われている。私が思うにだけど、、たぶん過去に歌った『街』の中で1番と言っても過言じゃ無いくらい、あの日の『街』は特別だった。

剛さんの愛する故郷・奈良の東大寺での奉納ライブ。1日限りのそのライブは、チケットの倍率もそれはそれは高くて、私ははずれてしまったので東京から想いを馳せていた。アイドルであって周囲から求められる堂本剛という人と、本当の自分とのギャップに苦しんでいた剛さんが、音楽を通じて自分を表現するきっかけ的な役割を果たしているのがソロデビューシングルである『街』という楽曲。こんな風に言葉で説明しようとしても、思うようには伝えられないから、結局は聴いて観て感じてというしかないんですけど、『街』という歌を歌う剛さんをもし見たことが無い人がいるなら、ぜひ見て欲しい。

 

★追記★

剛さんがSmile Up! Projectで動画をアップしてくれました。

こちらの、~「書・心と共に」~堂本剛の動画の中で『街』を歌っています。

3分45秒くらいからです。ぜひフルで見て欲しいのでリンクは秒数指定していません。

youtu.be

 

 

東大寺ライブのセットリストはこんな感じ。▼

 ···ラカチノトヒ

HYBRID FUNK

宗流 Power

B FUNK

Believe in intuition ···

去な宇宙

SESSION

曲数少ないと感じる人もいるかもしれないけど、このライブはみっちり2時間収録されている。そして注目して欲しいのは、街が最後に歌われていること。私は“あの”『街』を聴いた松倉くんが何を感じたのかが気になる。

自分自身を繊細で敏感だって言う彼にとって、何かが響いたのは間違いないと思うんだけど、剛さんの歌に自分を重ねたのかなとか、、色々と考えてしまうよね…

松倉くんは、剛さんの『SONGS』は見たかな?『街』という曲や、堂本剛さんの音楽を知りたいという人がもしいたら、ぜひなんとか探して見てみて欲しい。

SONGS | 第470回 堂本剛 奈良の魂が奏でる音

 

松倉くんがいつも言っている「愛と感謝を忘れずに、信念を持って日々を歩んでいく」という彼の決意表明にも受け取れる言葉は、剛さんの音楽にのっている愛と近い感じがする。愛と一緒に痛みも抱えて生きている、そんな彼を感じる度に、私はもっともっと松倉くんを好きになっていくと思う。

 

同世代のKinKi Kidsファンって、少ないよなって思うんだけど、好きになってから知り合った同世代のKinKi Kidsファンはみんなとってもあたたかくて素敵な人ばかりだった。

剛さんの音楽番組の番協に参加したときや、ソロのライブに行ったときに、もちろん女性が多いけどその中に混じって強めの存在感を放っている男性ファンの方がかなりいらっしゃるのを知った。剛さんの生き方や考え方、音楽や言葉に共感する人は、仲間だし同志だって感じるんだ…!だからね、チャンスがあったら松倉くんにもライブに足を運んで欲しいなって思う。

 

そして、松倉くんのつくる音楽に込められた想いを、私なりに受け取りたいなって思う。だからこれからもたくさん表現者としての松倉海斗くんを見せて欲しい。

 

 

貴方の夢が叶いますように…

 

 

P.S. ギター、上達したらぜひ剛さんとセッションしましたってご報告いただける日を待ち望んでおります。

あと、KinKi KidsのG albumに入っている剛さんのソロ曲に『ORANGE』という曲があります。ご存じですか??

『街』が好きな松倉くんなら、きっと好きだと思うので聴いて欲しいです。もし知っているようなら、松倉くんが歌うところがいつか見たいです。弾き語りでどうですか?ちょうどメンバーカラーもオレンジですし、きっと素敵だと思います。

私の夢は、あなたたちのデビューです。

あぁ、、早く会いたいな…

世界が平和で、会いたい人に会える世の中が、早く取り戻せますように。

エンターテイメントで世界を明るく照らしてくださいね、貴方の笑顔で私は今日も明日も生きていたいと思えるから。

 

 

そる(2020/05/18)(2020/05/24追記)

*1:Travis Japan Concert 2019 ~ぷれぜんと~」2019/03/26 横浜アリーナ 『素顔4』のDVD・トラジャ盤に収録されている

*2:Travis Japan【質問に答えます】NGナシの全力回答!喋りすぎ注意

youtu.be

Endless SHOCK 2020 記録①

ネタバレ注意ー!!!全編ネタバレです。

(以下の文章は2020/2/12に書き出したものを3/22のインスタライブを見つつ編集したものです)

 

f:id:saltre244:20200401035610j:plain

 

 

どうも!一介の大学生ジャニヲタのそると申します!

 

幸運なことに私は2020年のEndlessSHOCKを観劇することが出来たので、忘れないように記録しておこうと思いましてブログに書いてみることにしました。半分以上が公演中止になってしまいましたが、テレビやインスタライブという新しい形でなんとか今年のSHOCKを届けようとしてくださったカンパニー。感謝してもしきれない!

ということで、私のSHOCK考察、メモ、感想をごちゃごちゃ書きます!

読みにくい。しかも超長い。

ゴメンナサイm(__)m

 

①は1幕、②で2幕を書きたいと思ってます。ではでは早速。

 

 

 

 

一幕

開演前~Overture

SHOCK OVERTURE

開演前、去年まで夜景の映像が流れていたけど、それがなかった(?)あと、英語のアナウンスが流れてびっくりした。

指揮に合わせてオーケストラのSHOCK OVERTURE演奏が始まり、やがてEternalProducerのジャニーさんの名前から順に、クレジットが投影される。

演奏が盛り上がり、SHOCKのネオンサインが舞台上に輝く。ここのあたりからは昨年までと同じ。

※インスタライブ①にてOvertureの途中(光一さんの名前が映されるところ)から一連の流れが披露されました。

 

 

 

Scene:1 SHOCK OPENING

OPENING CONTINUE

コウイチ(主演の堂本光一さん)が登場、スポットライトが当たり、後ろに他キャストも登場。OPENING CONTINUEの音楽に合わせて階段を降りてくる。

※降りてきた時の立ち位置、下手からテラニシミナトコシオカコウイチマツザキタイガショウ

※FNS(2020/03/21放送)では登場シーンのみここの演出のまま使われていました。コウイチだけが階段を降りてきていきなりSo Feelのフライングの流れでした。

www.instagram.com

 

ライバルのタツヤ(上田竜也さん)は階段上に残っていて階段上センターで踊っています。タツヤは「果てしなく続いてく~」あたりで階段を降りてくる。光一さんの挨拶の時に、みんながポーズをとってストップするんだけど、ココとってもかわいいポイントなのでご注目。

※光一さん挨拶終わりの立ち位置下手からミナトテラニシ(後列)コシオカコウイチマツザキショウ(後列)タイガ

間奏の時は越松のダンス、ライバルタツヤとテラニシ、タツヤ率いる越松寺翔つばみなのダンスが見せ場。ここの振付大好き。

 

曲の途中で美波里さん演じるオーナー(前田美波里さん)が登場するんだけど、オーナーの衣装変わってて素敵!この時階段上にリカ(梅田彩佳ちゃん)も登場している。コウイチが手を引いて階段を降りてくるよ!しかし、このタイミングで舞台前方ではオーナーを囲んでみんながニコニコ踊っているので私は椿くんしか見えない…()一番前にしゃがんでるのがつばみなです。オーナーを見上げたり互いに目を合わせたりしていてとてもキュート♡

※インスタライブではリカの左手をとってコウイチリタツヤの並びでセンター前列に移動。いつもならみんな階段に戻って踊っているかな?私は下手のテラニシばかり見ているのでコウイチ達がどこにいるか記憶が無い…笑 普段は階段に戻ったら暗転しながら舞台が回転して消えていきます。

 

ラニシ(寺西拓人くん)はちょこちょこ指ハートやらなにやらを振りの合間に挟んでくるからあざとい…♡ばあばに見つけてもらえるようにという理由で今年も髪色は明るくしてきたようです!オリフォの黒髪寺西くんがあまりにもイケメンで格好良いんだけど、長めの前髪を分けてピチッとセットしてくるSHOCK仕様の金髪テラニシもたまらなくかっこいいです!タイガ椿泰我くんは登場時が一番髪がふわふわのセットでとっても可愛い!彼も金髪なので見つけやすい。立ち位置は去年までの元太くんの場所です。私が見た中では2/10の椿泰我くん22歳のお誕生日公演のみ、一幕前髪全部下ろしてて超絶可愛かった。他の日は真ん中分けで立体的な感じのセットだった(ステフォ参照)。ミナト(松井奏くん)はスタイルが良すぎる!越松も寺西くんも背が高くてスタイル良いんだけど、華奢で細い感じなのがミナトこと松井奏くんです。目がくりんくりんで、基本ニコニコしてるので目立ちますね~。コシオカ(越岡裕貴さん)は久しぶりのSHOCK。コシオカなんだけど、こっしーのダンスって感じが溢れ出ててコシオカと越岡さんはそんなに変わらないな、という印象を改めて受けた。今年は居ないけど、フクダと福ちゃんがほとんど変わらないのと一緒な感覚と近い。逆に、松崎くんとマツザキ(松崎祐介さん)は結構違うなって思う面がよくある。マツのダンスはふぉ~ゆ~の中では一番基本に忠実でクセが無いので、SHOCKでみてても本当にかっこいい。スーツ着ると脚が長すぎてビビる。スタイル良すぎな。ショウ(高田翔くん)は、ちゃんとみるのは今回が初めてだったんだけど、ダンスはブランクがあると聞いていた割に頑張って踊っていてうんうん頑張れ~という感じで応援したくなった。足上げが、、、頑張れ。と思ってしまったけど、日に日に良くなっているようでした。それにしてもカンパニーへの溶け込み方が異常。ず~っと前から当たり前にSHOCKの舞台に立っていたのでは?と錯覚する程、馴染んでいる。すごい。昨年のノエルも同じこと思った気がするけど、なんだ?みんな天才なのか??台詞の無いシーンの繊細な芝居がやはり役者だなという印象を受ける。

本当にアンサンブルさんのメンバーがらっと変わったんだなぁ、、とぱっと見でわかるくらいに知らない顔が多くてびっくりした。梅リカ(ヒロインのリカを演じる梅田彩佳ちゃんの愛称)、相変わらずかわいくて、また会えて嬉しい!コウイチとの身長差もタツヤとの身長差も良い感じです。萌えます。

 

劇場への誘い(オーナー挨拶)

暗転してオーナーの挨拶・劇場への誘いがあります。この辺りは至って例年通り。台詞もほとんど変わりなく。1階席で観ていると後方からUSAのメンバーが劇場に潜む幽霊に扮して客席登場します。プシューという音がしながらスモークがたかれて、怪しげな雰囲気になるのと、びばさんの語りが相まってとってもカッコイイ。ディズニーとかのホラー感と似ているかも。2階席からだとこのあたりでフライングスタンバってるコウイチに気がつけるかも?このシーンは後輩含めてジャニーズは出ていません。

余談ですが…スモークの匂いなのかな、去年の梅芸ではものすっごいフランクフルトの匂いしてきてお腹すいたんだよね~( ̄∇ ̄)観劇の際はお腹すかせないに限るわ笑

 

 

 

Scene:2 Off Broadwayのショー

So Feel It Coming

美波里さんの「それではショーが始まります!」の台詞でOff Broadwayの千秋楽のショーが始まります。So Feel It Coming、コウイチの客席頭上の登場に驚く(゚Д゚)客席の反応がとても新鮮で良かった!今年は初観劇の人が多そうな雰囲気。フライングのフッキングは越岡さん、キャッチングは松崎くん。昨年梅芸が福辰安定コンビだったので、越松はちょっとだけ新鮮に感じた。相変わらず光一さんのフライングは天下一品。円を描く軌道も姿勢も指先までもなにもかも美しい。私は飛んでいるコウイチではなく、ステージで踊っている越松を見ていますが、ここのダンスも大好きでオススメなので、余裕がある方にはぜひご覧いただきたい!飛んでいるコウイチに視線を向けつつ楽しそうに踊る越松はとてもかわいいです。とくにマツザキは良い顔してますよ~、ちょっとふざけたりしつつも、降りてくるコウイチをキャッチするために下手に移動して手を差し伸べる姿はとってもかっこいいです。

※FNSではSo Feelが披露されました!美しいフライングがテレビで見られちゃった!フッキングもキャッチングもバッチリカメラに抜いていただいて、世界に越松が見つかっちゃう!!ってね~(どんどん見つかれ!)

 

 

The Company~NEW HORIZON

こっしーとマツとコウイチだけ残って、暗転した瞬間にセンターのコウイチがライバル・タツヤに変わっている。越松はけて、ライバル側のショウタイガミナト下手から登場(紫ジャケ)。水色ジャケットの越松寺も出てくる。ここのダンスめちゃくちゃ好き。紫ジャケから赤ジャケに着替えて再度登場してからリカと目配せしたりするタイガ。をみて、梅芸のゲンタ思い出してMy初日は泣いた。゚(゚´Д`゚)゚。

※FNSではここはカットされて車のイリュージョンに直結してました。インスタライブもOPENING CONTINUEからニューホラの後半・車の後の部分まではカットでしたね。

 

リカがUSAダンサーに導かれて赤い車に乗り込む。コウイチも乗り、車が宙に浮く。何回見てもこのイリュージョンすごいよね~

※FNSで放送されました!!途中からタツヤ出てくるのよね。光一さんが捕まるところがあることに初めて気がついた。すごく貴重な映像。

車からおりたコウイチがリカをエスコートするのが大好きです。その後のリカとコウイチのダンスも超絶かわいい!!両手合わせて回るところが好きです(語彙力不足)。やっぱりニューホラの梅リカが大好きだなぁ~、黄色いドレスが妖精みたい。白い王子様なコウイチも最高にカッコイイよね( ´艸`)

※ここの2人のダンス~のニューホラ後半、インスタライブでやりました!!

リカがはけて、コウイチが歌って、緑の幕が開いて、キャスト勢揃いでショーの最後を華々しく飾る感じがたまらないよね!ニューホラ最高!

※下手側にライバルいます。マツザキテラニタツヤコシオカ

袖から赤ジャケのタイガ(下手)ショウミナト(上手)登場。この時ハイタッチしたりわちゃわちゃしていてとてもかわいいので見逃せない。下手から出てきたタイガはテラニシと手を繋いでくるくるスキップみたいなのしがち。リカとコシオカも可愛かった記憶はある。なにしてたかは忘れた…。寺西くんはポッケに手を入れて仁王立ちしてたりする、爆イケ。ジャケットの裾をパってやったりもする、爆イケ。

※下手からタイガテラニシマツザキタツヤコウイチリカコシオカミナトショウ

 下手にはけるのはマツザキミナトショウ、上手はコシオカテラニシタイガ。舞台上にはリカコウイチタツヤが残り、緑の幕が下りてきて客席側が舞台上という形になる。この演出変更は2019梅芸からだったっけ?とにかく去年変わったんだけどとても良いです。すぐに千秋楽のカンパニーの舞台裏に繋がるので!

 

 

Scene:3 劇場のバックステージ

千秋楽、おつかれさま~~~!!!!

というわけで、みんなバックステージに出てきてわちゃわちゃタイムです!ここは切実に目が足りなすぎる。1階前列とかだとオフマイクでキャスト同士がしゃべってる声が聞こえてくる!余談ですが、昨年梅芸3階席でもマイクに入らない声が聞きやすいことを知りました笑。たぶんさっきはけた側から出てきます。テラニシとタイガは上手から登場。木箱に乗ったり乗らなかったりします笑。結構ハイタッチとかふざけあったりとかしているので、毎回レポが楽しみな場面でもあります。レポツイで「千秋楽」とか「YMD」とか書かれているのがこのシーン。アンサンブルの方とも絡んでいるので、誰と仲良しなのかよくわかるよ!

 

Yes, My Dream

YMDはミュージカルっぽくて楽しい曲なので、とってもとっても好きです。

ライバルタツヤは上手から下手に移動して脚立に登ります。脚立の向かって左側がミナト、右側がタイガです。近くにテラニシとショウもいるよ。ライバルのパート中の越松もかわいいです。掛け合いはふぉ~ゆ~のパートなので!歌っていないときのコウイチもリカとかとしゃべったり、こっしーとふざけあったりしていてかわいいです。

歌についても、台詞に関しても、タツヤは口調がヤンキーっぽくて面白い笑 てめぇとか言っちゃってオレ様っぽくて上田くんのキャラにあったライバルになってた!

「立ち止まらないで明日へと走ろう」あたりは、上手木箱にタツヤ、下手木箱にテラニシショウ。タイガミナトは脚立を中央へと運んでいます。ここの越松コウイチのダンス好きです!木箱を動かしてくれるアンサンブルの方とおぶざけしてるテラニシはかわいい。

「あなたの輝く瞳についてく」のリカパートあたりで、コウイチとリカに向かってつばみなの2人は一緒にハート♡作ってます♡リカとコウイチみてきゃっきゃしてるのが天使。まじで天使。

「みんなの明日に乾杯」くらいからは、テラニシは最下手に移動してStaff役のアンサンブルさんとおふざけタイムです。つばみなは上手に移動。ライバルとハグしたりしてるの、めちゃかわ。

オーナーが来てから、全体で集合して歌います。隣同士で向かい合う振付が可愛いです。注目して欲しいのはテラニシとリカ。まじで2人でいっつもふざけててかわいい。指ハートやりがち笑

※前列→ショウテラニシリカオーナーコウイチミナトタイガ、後列中央→マツザキタツヤコシオカ

そのあとばらばらになるところでは、ミナトがコウイチが座っていた椅子に座ってくるくるするよ!ここは代々受け継がれてる末っ子ポジションの恒例です。

※インスタライブでは、「次の公演はシェイクスピアをやろうと思って」あたりのセリフを変えてやってくれていて、感動して泣きました(T-T)♡またこのメンバーで出来ると良いね(T-T)

 

www.instagram.com

 

「今日は千秋楽なのよ?ぱ~ッと派手に行きましょう!」

憧れMy Dream

2019年からセリフが歌に変わったこのシーン。梅ちゃんの歌がすごく素敵です!上手側でリカがネックレスを見つめながらコウイチに想いを伝えようと決心する。一方下手側では、タツヤとショウタイガミナトテラニシが集まってリカへの告白の作戦会議?笑 ここで大体タイガが暴走してる。めっちゃかわいい。変な踊り踊ったり変なポーズしてタツヤに睨まれるのがお決まりのパターン。

※インスタライブではタイガが腕を広げてタツヤに迫っていって、タツヤがハグしてくれたの(T-T)♡なんだよ、優しいじゃんかよ…タツヤ…!

「リカ、コウイチもう行ったぞ!」の台詞はマツザキなんだけど、今年はなんだかふざけてて、身体を直角に曲げながらリカに顔向けて促すのよね~( ̄∇ ̄)アレは何なんだろうか…松崎くんって不思議だねっ!下手ではショウが下手袖に指輪を取りに行く。戻ってきてタツヤに渡す。タツヤに指輪はこうやって渡しなよ!みたいなのをミナトがやってみせたりしてて、それをテラニシは面白そうに腕とか組んで見てるのよね~。タツヤパートに入る前、ショウタイガミナトはタツヤを応援して、オー!!!とかかけ声かけてる。かわいいね( ´艸`)その頃リカはコウイチを追いかけてもう上手からはけちゃってる…。上手では越松がオーナーを引き留めて、腕とか組んで告白するタツヤのところまで連れて行っちゃう。タツヤはご趣味の良い指輪(ドクロ…笑)をオーナーに差し出しちゃって、、、テラニシがおもむろに近づいてきて、「リカもう行ったぞ…」ってね。この動きは先程のマツザキの真似ですね。かわいい。ここで越松は木箱を片付けながら上手にはけます。この時のマツ、毎回面白いです。

 

www.instagram.com

ここで逃げる理由が毎回違ってレポが楽しいやつです!タツヤ、タイマンとか言っちゃダメよ~、習い事がお料理教室なのは良いし、セーラームーン見なきゃってのも良かったよね笑

おいてめぇコラ(`´)💢ってショウタイガミナトに言っちゃうのも、なんか可愛いタツヤ。ショウタイガミナトは知らんぷりしてごまかしたりしてます、はい、かわいいネ!そしてタツヤはなんだかんだ言い訳してショウタイガミナトテラを引き連れて慌てて上手にはけていきます。

下手からブロードウェイプロデューサーがやってきてオーナーとお話し。緑の幕が上がって屋上のコウイチが出てきます。

 

 

Scene:4 劇場の屋上

ONE DAY

みんな大好き、ONE DAYです。コウイチを乗せてせりが上がってきてあっという間に屋上へ様変わり。途中で上手側からリカが出てきます。リカの衣装が変わりました!薄いピンクのワンピースで、とってもかわいい。リカがコウイチに渡そうとしているネックレスを掲げて手でパワー送るのがすっごい好き。それから、屋上下で踊っているダンサーさん達のダンスがすごくていつも目が吸い寄せられる。

コウイチとリカが歌ってて、ネックレスを渡して、タツヤ(上手)コシオカマツザキテラニシ(下手)が出てくる。

※立ち位置下手からコシオカテラニシコウイチリタツヤマツザキ

www.instagram.com

 

流れ星流れた時の越寺がとても可愛い。テラニシ流れ星手で掴みがち笑 流れ星捕まえてポケットに突っ込んでポッケから出してこっしーに見せた日には爆笑しかけた…いいシーンなのに、、σ(^◇^;)上手側ではマツザキがタツヤに、リカの肩を組めとか手を握れとかジェスチャーでけしかけててそっちも面白い。今年のONE DAY終わりは笑いが起きるのよね~、リカに拒まれたり惜しいところで逃げられたタツヤがマツザキに当たるからさ~!!タツヤ、マツザキのこと蹴らないであげて~~ってなるのよねww

※インスタライブではここまでが披露されました。FNSではオーナー含め全員が屋上に出ている状態から歌スタート。個人的になぜか違和感がすごかったのだけど、よく考えたら並び順でした。コシオカラニタツコウイチリカマツザキオーナーの並び、不思議。

オーナーが登場してみんながパーティーに向かうために、屋上からはける。パーティーにはちゃんとした服着ていけってコウイチが言ってた。この時、いつも福ちゃん劇場と化してたのが毎年恒例でしたが、今年はこっしーと光一さん。シェイクスピアをよくわかっていなくてシェイクスピア役は誰がやるの?と問いかけるコシオカと、そういうことじゃないんだよって呆れるコウイチの図。なかなかはけようとしないコシオカ、ちゃんとフクダイズム受け継いでるワロタ。

オーナーとコウイチが屋上でしゃべった後、コウイチもはけていきます。その頃、屋上下をパーティーに向かう御一行が走り抜けます。大抵タイガミナトは元気よく先頭で走ってくる。見逃さないように必死です。それに続くコシオカテラニシ。マツザキはリカと仲良しです、リカに向かって「笑って!!もっと!!!」って言います。リカ、マツザキに向かって「あはは♡」ってちゃんと笑ってあげるの、かわいい~~!それに対して、後ろからついてきているタツヤが「マツ、てめぇ挽肉にすっぞッ!!!」ってキレます。こわい…

 

 

Scene:5 ニューヨークの街

It's A Wonderful Day

屋上のセットが開き、中央から赤い革ジャンのコウイチが登場。この革ジャンが変わったみたい。曲の始まりはカラフルな衣装を着たアンサンブルさんとコウイチのダンスからです。コウイチが魔法をかけるとみんなが動き出すみたいなダンス!(語彙力0)セットが回転して裏から公園のセットが現われます。私は下手の電灯みたいなのにコウイチが手をかけるところが好きです(マニアック)。この冒頭部分はコウイチ以外のジャニーズは出ていないので、アンサンブルさんとコウイチをじっくり見るチャンス!昨年梅芸からの変更で他プリンシパルキャストの登場が変わりました。昨年の帝劇までは舞台の左右から登場していたはずなのですが、梅芸から公園のセットの裏・舞台中央後方からの登場になっています。ライバル以外が私服に着替えてNYの街に現われます。

www.instagram.com

 

リカ「コウイチ!!」

ラニシ「コウイチ、随分早いじゃないか!」

コウイチ「なんか知らないけど早く起きれちゃったんだよ!タツヤはどうした?」

ショウ「あいつ、今日こそ決めてやる!って朝早く出ていったよ」

ラニシ「お前、またなんか変な入れ知恵したんだろ!( ̄∇ ̄)」

 ここの台詞、テラニシが良いんだよね~!テラちゃん、やっぱり去年より発声が良くなったよね??『マラソン』以降すごい舞台での声の通り方が良くなったなぁって私は感じてるんだけど、みなさんはどう思います??

カンバニーの関係性が見える素敵な場面。この直後、ライバルタツヤが中央後方から登場します。なんと、全身真っ黄色のスーツに赤い薔薇の花束…(笑)

タツヤ「いや~~、おまんたせいたしました~~」もしくは「お待たせいたしました、いやお待たせしすぎたのかもしれません!」(←全裸監督ネタww)

コウイチ「なんだその、ドラミちゃんみたいな格好は」(ここのツッコミも日替わり)

タツヤ「イカしてるだろ~~?今日はオレにとっての記念日だ。リカちゃん、ちょっと良いかな??」(イケボww)

リカ「え、私??」

IAWDのこの流れ大好きなのでセリフ覚えちゃうよね~!結構日替わりだからレポ読むのが楽しい。タツヤはイケボでリカを誘うから面白いんだよね!この後の「この胸を焦がすアツい想い♪」のところも歌い方面白かったなぁ~、24日に観に行った時は歌がもっと良くなっていて違和感が減っててすごいミュージカルにおける上田くんの成長を感じました!呆れながらもタツヤと踊ってあげるリカも、照れ隠しが可愛いです。気がついたらコウイチと踊ってるのも、タツヤかわいそうだけどリカとコウイチはめちゃかわなのです。この時、ひやかすみたいにふざけてる他のメンツの演技も面白いのでぜひ踊っている彼らにもご注目いただきたい!タツヤが指輪を差し出す前も面白いです。

※ここの部分、あんまり映像に残ってないよね?FNSもインスタライブもカットだったのでWSとかには残ってるかな?

タツヤは昨日はオーナー、今度はコウイチに指輪を差し出しちゃう…どこまでも上手くいかない告白、哀れ…。そして、コウイチはふざけて通りかかったピンクの人(USAの1人が扮している)に指輪と花束渡しちゃう。そしてそれを泥棒が狙ってて奪われちゃって警察が追いかける。この時は舞台上が人で溢れててわちゃわちゃしてるのだけど、個人的には下手にいるリカと越松を見るのが好き!ピンクのカツラの行方を追うのが楽しい。今年はリカがかぶってる時とマツがかぶってるのをみたかな~。3人でふざけてるのが可愛いのよね!

コウイチVSタツヤの構図のダンスバトルみたいなシーン。ここは多分ウエストサイドストーリーを意識してるんだと思うんだけど、ふざけつつ踊っているダンスがかっこいいので要注目ポイント。タツヤの倒立にビビった笑 

※下手がコウイチ(リカ越松)、上手がライバルタツヤ(テラニシショウタイガミナト)

ダッサイ指輪が戻ってきて、下手後方に直さんとドラムが登場。そしてCONTINUEの歌をコウイチが思いつく場面。

直さんのドラムのリズムに合わせてストンプみたいなのするシーン。ここで注目して欲しいのは、タイガ!!!!タイガはタツヤの黄色スーツのジャケットを渡されて下手で着ています。真っ黄色のネクタイも渡されてて、元々着ている薄い黄色チェックのシャツのボタンを留めて、上から着けます。着終わったタイガは舞台中央でフリーダンス!ここめっちゃかっこいいのです!!!ウチの派手ジャケ着せられたゲンタが踊ってたのが懐かしくて、My初日はここでかなり泣きました…

 

 

夢のその先

どこからがこのシーンなのか、あくまで推測で区切って書いてますが、たぶんリカが新聞を見つけてからの歌がここなのではないでしょうか?このシーンは書き始めるときりが無いくらい見どころ満載なので、今年の特徴をざっと書くくらいにしましょ。

・「俺たちのカンパニー!」のテラニシの声が良い…(T-T)♡

タツヤが「コレはオレにとって…オレ達にとってチャンスなんだよ!」の間で静かになるのが狂い始める歯車の予兆を感じる空気で良い。

・「行こうぜ~~」のマツザキ、空気ぶち壊すの面白すぎるし、後ろでミナトになぐさめられるの可愛い、保護。

・コウイチが立った後のベンチ、リカの横に座るコシオカ。

・タイガ、新聞見て嬉しくてベンチの周り落ちつきなくうろうろぐるぐるてくてく。

・マツザキ、新聞に載ってるコウイチの写真見つめて、オレは居ない…ってガッカリする、かわいい。

・コウイチが居なければ始まらないでしょって言っちゃうリカに「お前は黙ってろ!」って怒鳴っちゃって悲しい顔するタツヤにちょっと後悔が見えるのが良い。

・「ミナト大丈夫、タツヤのとこ行ってこい」って言うコウイチの声が優しい(ノД`)

・「タツヤが何を言ってもお前だけはあいつの側に居てやってくれ」って言われて返すマツザキの「えっ…」っていう声がイケボ。゚(゚´Д`゚)゚。そのあと力強く頷いてタツヤのとこに走って行くの、、もう格好良すぎますよね、、世界中がマツザキに恋。

・「周りが見えなくなったらお終いよ」っていうオーナーのセリフの後、コウイチが去って行く背中。演出変更でここでピアノの音が入り、オーナーの歌「恐れを知らずに~」に続く。

※ここの変更について、RIDE ON TIME 前編(2020年3月13日(金)25:15~放送)で言及されていました。

 

 

 

Scene:6 インペリアル・ガーデンシアター

Introduction

USAダンサーの見せ場です!華麗なダンスが赤幕の映像と相まってとてもカッコイイ!

舞台はScene:5から半年後の、オンブロードウェイの劇場「インペリアル・ガーデンシアター」。ここでコウイチたちのカンパニーはショーをしています。

※インスタライブでは帰国要請が出てしまって出演できなかったUSAダンサーの代役で松崎くんがソロで4人分のダンスを披露しました!見てるだけでよくあんなに再現できるな~ってびっくり!最後疲れ果てて、脱いじゃったジャケットをDOBで上手く着られなくなってる松崎くんが愛おしかったです(T-T)♡あのソロダンスをマツで指名した光一さんの愛を感じます。踊るマツを見守るカンパニーも愛で溢れていました。

 

 

Dancing On Broadway

大好き!DOB!!

www.instagram.com

アンサンブルさんの後ろから踊りながら登場。ペンギンみたいに手をピッてする振付が可愛い。

※下手からミナトテラニシマツザキコシオカショウタイガ

曲途中で上手にタツヤ、下手にリカが登場。

※下手コシオカショウタイガ、上手ミナトテラニシマツザキ

横一列になります。

※下手からタイガショウコシオカリカコウイチタツヤマツザキテラニシミナト

タイガミナトの側転。中央で交差して上下交代。テラニシショウも。

コシオカリカコウイチタツヤマツザキはダンス。

「Shine of star light 輝く星よ この歓びをいつまでも♪」

で上手と下手で笑ってはいけないDOBが行われています。

笑ってはいけないDOBというのは、ポーズをとって動かない部分なのですが、この時に変なポーズをしてお互いを笑わせようとしているおふざけのことを言います(笑)

ちなみに下手はテラニシミナトコシオカ、上手はマツザキショウタイガです。ミナト笑いがちでかわいい。テラニシは謎のイケメンポーズを決めがち。

タツヤとリカのダンスも可愛いので、目が足りません。リカが背中を預けて斜めになる振付が好きです。(伝われ…)

 

そしてDOBといえば!というイメージのシュッシュッポッポダンスになります。手の動きが列車風なのでそんな呼び方してますが、コレで伝わるんでしょうか?笑 このダンス、意外と足のステップ複雑なので見ていて楽しいです。

※下手からミナトテラニシコシオカマツザキショウタイガ。タツヤも上手で踊ってます。

そのあとよく雑誌とかで使われがちなDOBの終わり部分のフォーメーションに移動。

ミナト テラニシ ショウ タイガ

  コシオカ    マツザキ

    タツヤ  リカ

      コウイチ

「Go ahead!Go ahead!」でミナトコシオカテラニシは下手端にショウマツザキタイガは上手端に移動。次の曲が始まるとゆったりと袖にはけていきます。ここの寺西くんがすごくかっこつけてて素敵なんです。私はどっかで観たな、と思ってたんですけど、記憶を辿っていたらロジャース/ハートのイケメン歌手の仕草に似ていたんですよね~笑 寺西担に伝われっ!

※インスタライブではScene:6の部分はぶっ続けで披露されました。DOBも全編観ることができて立ち位置メモも確認取れました。

 

 

Memory of Skyscrapers

コウイチが歩き出し、アンサンブルさんはDOBのラストポーズのままストップしていて舞台が回転していきます。この曲は2019年の帝劇からやっていますが、静かな曲調で大人な雰囲気が素敵な曲です。光一さんがジャケットを脱いだり、蝶ネクタイを外したり、シャツのボタンを外したり、、、何かを外したりする仕草ってなんでかしらないですけど魅力的ですよね。めちゃくちゃ光一さんかっこいいです。

舞台上にスモークが出てきて、キラキラの音と同時にステージ後方のパネルにキラキラした白い光が灯ります。ここでアンサンブルのダンサーさん達のシルエットが見えるんですよ!めっちゃおしゃれだし、とにかく美しい!照明も音楽も、なにもかもが素敵!!

それから、帝劇の舞台の奥行きの広さを感じられます。

ダンサーさん達が動き出し、はけていくのと同時に次の曲のスタンバイが始まります。この時にタツヤ、出てきてます。ポーズとってシルエットから始まるの、最高じゃない?!?!?!わたしこの曲間の繋ぎが大好きです。

 

 

Put your hands up

タツヤソロです。初日のレポで一番楽しみにしていた部分。ラップ調で他メンバーのソロパートもあり、女ダンさんのポールダンスまであるとか、情報過多。しかし超かっこよかった!ヤラはDance、ウチはRock The World、ユウマはChange The World、と来て、タツヤはPut your hands up。流れ的に、ライバルソロはアップテンポでガツガツ踊れる曲、途中で直さんのドラムのパフォーマンスが入るっていう条件があるんだけど、タツヤソロはもちろんヤラ・ウチ・ユウマとも違った魅力のある曲だった!ポールダンスのセットがありステージを回転させる使い方とか、見せ方が面白くて、途中でちょっと曲調変わるところとかも含めて色っぽい雰囲気のある演出が良かった。赤い照明、白黒と紫を基調にした衣装、ブラスの効いた音楽。最高。

私は正直に言うとほとんどタイガしか見えてないので、全体を観たのはMy初日のみです。この曲のタイガが最高だった話は永遠に出来る。とにかく最高だった。以下ちょっとキモい椿くん語り入りますので要注意。

まず、衣装が良い。CTWでゲンタがノースリーブだったけど、Put your hands upではタイガがノースリーブ。しかも手には肘くらいまであるアームカバー(インナーと同じ紫と黒のボーダー)着けてて、、色白の二の腕のみが見えている…最高。紫と黒ボーダーのインナーに白黒格子のノースリーブジャケ。椿くんの長い腕を強調するかのような衣装と、ダンスが超良かった。たぶん椿くんのクセなんだけど、ちょっとうつむいて手首を顔周りに当てたり、オトナっぽい表情で上着をはらったりインナーをめくったりするじゃん??!色気…!!( ´艸`)インナー思いっきりめくり上げた日には、私はしぬんじゃないかと思ったぞ、双眼鏡越しにバキバキの腹筋が目に飛び込んできたもんだからさぁ…!(記憶混同してるかもしれない、インナーめくったのはHigher?)

※基本の立ち位置は下手からミナトマツザキショウタイガ。

ドラムソロの後が4人のソロパート。歌詞耳コピ(英語わからん)▼

So Put your hands up

マツザキ「越えていくぜどんな壁でも」

Just Shake your body

ミナト「今すぐGive me the night」

So Put your hands up

タイガ「全部捨てて今すぐFeel so high」

Put up Put up Put up

ショウ「もう止まれない」

※立ち位置たぶん下手からミナトショウマツザキタイガ→ショウミナトタイガマツザキ

タツヤ以外がはけて、タツヤが舞台後方に歩いて行くのと同時に後ろからコツコツという足音と共にハットをかぶりジャケットを手にしたコウイチが歩いてくる。この演出最高だと思う。コウイチとタツヤのすれ違いというか、これから起きるソリタリの事件の予兆というか。靴音で緊張感が増す。

 

 

SOLITARY

薄暗いピンスポが当たる中、コウイチがジャケットを着たところからソリタリが始まる。最初に入ってくるダンサーさんたちは皆アンサンブルの方々。コウイチのダンスを堪能する時間。ジャケットさばきがカッコイイ。

「孤独の中に」あたりで左右から登場するミナトショウ(下手)マツザキタイガ(上手)。タイガは赤手袋はめながら出てきたりする…shinndoi

続いて下手からテラニシコシオカと女性ダンサーさん2人とリカが出てくる。

ミナト「あれ?タツヤくんは??」

になるわけです。本来はリカの隣にいるべきなタツヤが居ません。オレが代わりをやるとコウイチが言ってリカの手をとって踊り出す。その頃上手からでとちったタツヤが怒って入ってくる、衣装もろくに着られずに…。マツザキが必死にタツヤを止めて舞台から引っ張り戻す。

ソリタリのテラニシ、最高なんですよ!今年はフクダが居ないので、私は専らテラニシばかり見ています。去年も良かったけど、今年は益々目つきもダンスも良い。女性と踊っているのに感情のない目をするのがたまらないです。「情熱的に~」の女性ダンサーさんの腕に手を沿わせる振付とか、

Just… Let me be Let me see

Let me feel you close to me

Just… Let me be Let me see

and let me hold you tight tonight

のところは全部ヤバいよね。世界中のオンナを抱いてる気がする…(発言に気をつけて、私。)

ラニシにはミナトが、コシオカにはタイガが、ハットを渡します。今年、ミナトとテラニシの動線見てて初めて去年松倉くんがどこに居たのか知りました笑 去年の私はソリタリはずっとフクダとゲンタを追ってたので、反対にいると見えないんですよね。新しい発見、楽しい。

ソリタリはフォーメーション移動が多くて複雑なので、ハットかぶってるし最初は自担を見つけるのすら難しかったりしますよね。説明も難しいしなぁ、、私は今年はテラニシ見てたのでずっと視線は下手でした。寺西くんと椿くんは金髪なので、ハットかぶってても割と見つけやすい。

www.instagram.com

 

コウイチがリカに渡された銃で頭を撃って暗転してSOLITARYは終了ですね。

※インスタライブでここまで通しで披露されました。これが無料で配信されたとかすごい大盤振る舞い(T-T)♡しかも、タツヤが出とちらなかった場合のソリタリの話までしてくれた!!タツヤもやる気だったので、いつか出とちらないVer.のソリタリが何らかの形で見られますように🙏

 

 

 

Scene:7 バックステージ

ソリタリ終わりの楽屋。Onの楽屋。

下手にはコウイチの鏡台、上手には白いソファー。このソファー変わった?なんか梅芸の時は背もたれなかった気がしたけど…気のせいかな?わからん。

コウイチに「おつかれさまで~~~す!」っていうお姉さん、変わっちゃったのさみしい、、あの底抜けの明るさに救われてたのに…

 椿くんは上手、ソファーの後ろから登場します。ジャケット脱いであってシャツの腕を捲りながら出てくるもんだから、しんどい……♡コシオカもジャケット脱いでる率高かったので、真似っこかな??かわいいなー。こっしーとしゃべったりしてた。

ミナトショウテラニシはたぶん下手かな?上手しか見てなくて記憶がないからたぶんそうだと思う。「コウイチ、一幕の終わり、やっぱり暗すぎないか?」のテラニシ、昨年梅芸でのタツミを経験してから改めて観るとコウイチの顔色うかがってるテラニシはタツミよりもコウイチとの距離は遠いけど尊敬してる感じがあって好き。「ジャパネスクがハッピーエンド」というコウイチの台詞、何度聞いてもあのジャパネスクがどうやってハピエンになるのか気になって仕方がない…

※インスタの投稿で、Japanesqueのハピエンについて言及されていました。引用しておきます。「そしてその時は来るが... Japanesqueはハッピーエンドとコウイチが言うのは何故でしょう?あの武将はおそらく命を落とすが 愛する者の命を守る事ができたなら それはハッピーエンド コウイチが作った劇中劇ですがコウイチの生き様が自身の演出に表れているのだそうです」なるほど、そう言われてみれば納得が出来るかもしれない。結局死んでしまうのか…という思いはありますが…。SHOCK自体もハッピーエンドであるという認識なんだよな~とか。色々考えちゃいますね!

オーナーの差し入れに寄っていくミナト可愛い、タイガは目を輝かせて喜んだり、オーナーにペコペコしたりしてて可愛い。

マツザキが入ってきて、タツヤのことをしゃべるとタツヤがスタッフにキレながら入ってくる。怒ってるタツヤ、怖い…、止めようとしたマツザキぶん殴っちゃったりして暴力的なの………ぶっ飛ばされたマツザキの元に即座に駆け寄るタイガ。優しいね。コシオカとタイガはマツザキを気にしつつコウイチとタツヤの会話を聞いています。マツザキは立ち上がったあと、さっきまでタツヤに怒られてたスタッフの元に行って、気にすんなよ、大丈夫、あとは任せて、みたいな素振りをして(声聞こえないので全部私の妄想)袖に帰してあげる。マツザキ。゚(゚´Д`゚)゚。優しい。゚(゚´Д`゚)゚。

 

「決められたことをきっちりやるのがプロじゃねぇのかよ!!」っていうタツヤの言い分もごもっともです。「じゃぁ言うけどよぉ!!」語尾がユウマは「さぁ」だった気がする。タツヤがキレてるからか、コウイチの口調もいつもより厳しめに感じた。「お前はもうステージに立つな!」とか、言っちゃうのもなんか悲しいよね、やっぱりカンパニーがバラバラになっちゃうのは物語だってわかっていても切ない。「コウイチ、落ち着こうよ」ってマツザキが言うけど、このセリフが良い。

ここのシーン、あまりセリフは無いけどみんなの演技をじっくり見ることができるシーンだよね。やたらとコウイチの肩を持つリカにイラついちゃうタツヤの気持ちもわかる。まだ開けて半年しか経ってないのにもう次のショーを考えてるとか言い出しちゃうコウイチに、みんながびっくりしてるのもよくわかる。この時点で既にコウイチも暴走してるんだよな…。

「やっぱり、、、やっぱり、オーナーの劇場に戻った方がいいんじゃなかな…?」のミナト、弱々しいけど勇気振り絞って言った感じがして泣いちゃう(ノД`)よしよししてあげたい…。「何言ってんだよ、せっかくブロードウェイに来れたのにさ!」のショウ、普段静かにしてるけど実は野心家な感じが溢れ出ててすごい。

 

5分前のブザーが鳴って「2幕始まるぞ準備しろ。」ってコウイチが言った後、コシオカが「よしっ!みんなスタンバイしよう。テラニシ、お前刀の確認しとけ」って言う。フクダの印象が強すぎて、最初違和感あったけど、コシオカならではの雰囲気の作り方というか、まとめ方というか、そーゆーのを感じられるようになって2回目以降違和感はなくなった。

準備に行くときに、呆然としてるミナトに声をかけるマツザキ、、どこまでも優しさに溢れたオトコ、、、かっこいいよ。゚(゚´Д`゚)゚。

「私は!!私は何があってもコウイチについていくから、いつだってそうしてきたから!だってそれしかわかんないし…ねぇ、コウイチ!!」っていうリカと言えばの台詞です。梅リカの消え入るような言い方と、コウイチにすがりつきたい感じがとても好きです。包み込み諭すようなお母さんの台詞がまた、胸に染みるんだよね。

 

Missing Heart

タツヤも、別に間違ってはないんだよ。むしゃくしゃしてソファー蹴り倒しちゃったり、「Show must go on………かよっ…」って吐き捨てるみたいに言って刀落として消えて行っちゃったりするけどね。

このMissing Heartって歌は、コウイチとライバルの感情が手に取るようにわかって、決定的なすれ違いを感じることもできて、SHOCKにおけるミュージカル要素の重要な一部って感じがする。「離さない、あの日の夢は」「離れてく、あの日の夢が」という最後のかけ合い部分、手を伸ばすコウイチが消えてしまいそうで儚い。

 

コウイチを心配するオーナーが優しくて、コウイチもムキになってるんだなぁって感じる。タツヤが倒したソファーは、実はオーナーとの話の最中にコウイチが元に戻してるんだよね。

「このままではこのカンパニーはダメになってしまう」って、コウイチが考えているのは何でなんだろうか。やっぱり、目標だったブロードウェイに来たことで満足しているカンパニーの空気を感じているからなのかな。コウイチの側に寄り添ってくれる人は居ないの?コシオカは??もっと周りを頼って良いんじゃない??って。私はこのシーンを見る度にコウイチに対して思う。きっとオーナーもおんなじ気持ちよね、、そのことに気がつけなかったせいで、事件は起きてしまうんだよなぁ…切ないなぁ

 

 

Scene:8 Japanesque Show

Japanesque 組曲

このシーンは静けさの中に雨の音、雷の音が聞こえてくるのが印象的。悲しげな雰囲気が漂う。笛の音が流れて、パネルの中央が開き、そこからリカテラニシコシオカが現われる。リカはお姫様。従者的な立場で鎧を身に纏ったテラニシコシオカ、テラニシが笛、コシオカが鈴みたいな音のする棒を持っている。コシオカがリカから傘を受け取る動作が好き。

すると、登場した山賊たちに囲まれるリカ達。姫を守るように立つ越寺がカッコイイ。武器は持っていないので笛と鈴で闘うのが謎。かっこいいから許す。山賊側は、タイガマツザキは下手から、ショウミナトは上手から松明🔥のような物を持って登場する。リカのお付きの女人達を刀で脅し、上下立ち位置交代して松明を舞台の縁に置く。じりじりと追い詰める感じが良い。私は圧倒的に山賊を演じる自担が好きなので、ジャパネスクは専らタイガ見てる派。他の人の立ち位置とか全くわからないっていうね(笑)タツヤはいつ出てきてるんだろうか、気がついたらいつも舞台中央にいて、リカを人質にとってる。登場時のタツヤは黒いマントのようなものを着けている。タツヤが弓を引く仕草をすると舞台中央奥にお面を着け鎧を身に纏ったコウイチが登場し、飛んできた矢をキャッチする。そこから長く続く殺陣のシーンが始まるわけです。タツヤが黒いマントを脱ぐと、タトゥーの入った身体があらわになります、そんな怪我しそうな格好でよくぞコウイチと闘うよなぁ…度胸すげぇ。と謎に感心してしまった私。

ちなみに、タツヤが脱いだ黒マントはその後すぐにタイガが回収します。持った状態で闘って、一旦はけるタイミングで持ってはけてる。仕事が出来るジュニアが好きなので、たまらない!!凝視です、タイガ!!

昨年からジャパネスクの舞台上に太鼓が置かれ、日野さんと直さんが殺陣の行われているど真ん中で太鼓を叩いていらっしゃいます。臨場感最高!

※インスタライブでジャパネスク途中から披露されました。タツヤが動きの確認してるところとか、コウイチの衣装のヒラヒラとか、色々貴重すぎる画を見せてもらっちゃったので興奮した!両軍の旗をしっかり見たのも初めてだった笑

タイガがゲンタ、ミナトがカイトの立ち位置だったけど、後半は変わってた。タイガの見所は、上手側で舞台のギリギリのところまで追い詰められてコウイチに斬りかかられるところかな!そのあとは、どこも見逃せない見所しかない!ショウとタイガでテラニシの相手するところとか好き!その後またはけます。タイガミナトは下手に、ショウマツザキは上手に。ここからたぶん去年の役とはポジション違うと思う。

コウイチとタツヤが残った舞台上、階段の上に捕らえられたリカの姿が。タツヤの武器は刀1本。シンプルで良い。その頃、階段には銃を持ったタイガミナトショウマツザキが現われている。タツヤが倒れかけた時、山賊たちが現われてコウイチを取り囲む。階段から銃で狙われたコウイチは撃たれて倒れる。下手からコシオカ、上手からテラニシが駆けつけ、交差してそれぞれ山賊と闘おうとするが、相手が持ってる銃で撃たれてしまう。タツヤは、罵声を浴びせて暴力的…コウイチたちを蹴ったりする。山賊、狂ったように笑ってて怖い。「さっさと死ねよクズ」とか言っちゃう、タツヤ怖いよ~(T-T)

階段が正面に向いて、タツヤは階段上へ。上にいたタイガミナトショウマツザキは降りてくる。その頃、立ち上がろうとするコウイチコシオカテラニシだけど、コシオカとテラニシは山賊に斬られて上下にはけてしまい、残されたのはコウイチ一人。

www.instagram.com

 

最後の力を振り絞ってコウイチは山賊たちに立ち向かう。下手で3人を相手するコウイチはまじですごい。この時、ショウの槍を掴んで斬りかかってるタイガの刀を槍で受けるんだけど、普通こんな機転効かないからまじでコウイチすごいって毎回新鮮に思う。上手から斬りかかってきたミナトをじりじり追い詰めるコウイチも良い。コウイチ、めちゃめちゃ斬られて刺されてるのに死なないの、すごい。

上手から槍で突いてきたショウを、勢いのまま槍を掴んで、下手から斬ってくるマツザキにノールックで刺す。マジで、すごい。これをみてるタイガミナトは、それまで笑い狂ってたのに、恐怖のあまり怯え始める。そりゃそうか、直属の上司的ポジのマツザキが刺されたんだもんね。ショウから槍を奪い取って、その槍でショウを刺す。残ったのはタイガとミナト、そして階段上のリカのところにいるタツヤのみ。コウイチは階段を上ってくる。追い詰められるタイガとミナト。「来るな!!」って叫んでるけど、コウイチはお構いなしに階段を上ってくる。そして、2人はコウイチに斬られて階段から脇に落ちる。落ちた後自ら転がってマットの向こうに隠れるんだけど、今年は2階から見てないのでよく見えなかった残念。

※タイガ下手側、ミナト上手側。ちなみに去年は下手がカイト、上手がゲンタだった。

※ここの稽古シーン、RIDE ON TIMEで放送されました!マツが見本見せるヤツね!

 

コウイチがタツヤに斬りかかろうとすると、おもむろに持っていた刀を上手側に放り投げるタツヤ。焦った芝居をするのが、この後の流れを知っていると余計に憎い。下手からテラニシが予備の刀を持ってくる。コウイチが抜く…、するとその予備の刀は真剣だった(゚Д゚)それ見てタツヤは「あ~あ・・・」って悪い顔して笑うのよ…怖すぎ。テラニシ事情がわからずアタフタ、キョロキョロ。コウイチが階段上に刺し、タツヤに抜かせようとする。「続けろ」って。そこで真剣だってわかってリカもテラニシも焦るんだけど、コウイチがタツヤに迫るからタツヤも怖くなって刀をとってしまう…そして、悲劇は起きる。

コウイチはタツヤに真剣で斬られて、血しぶきが飛び散る。この時階段上では下手にテラニシ、上手にリカ。テラニシは腰抜かして尻餅ついた姿勢から動けない感じが、リアルな芝居でとても良かった。

そして、階段落ち。見つめることしか出来ない…上手からコシオカ、下手にオーナーが出てくる。しかし、最後まで演技を続けるコウイチ。城が燃えていくみたいな音と照明の中、中央で倒れるコウイチ。マツザキが「コウイチ~~~!!!」って叫びながら駆け込んできて、一幕は終了。

 

 ※インスタライブでも階段落ちまでやってくれた!!カメラをマツザキが持って、コウイチに駆け寄って行って、一旦休憩となりました。

 

 

 二幕は②につづく。

 

 

 

 

 そる(2020/04/01)

ジャニーズのメンバーカラーをまとめてみた(2020年3月)

ジャニーズのグループにはメンバーカラーがある。

クリエCのメンバーが、メンカラをISLANDTVで募集するという動画をアップした。

 

コレ!▼

j-island.net

 

私は最近SHOCKきっかけで椿泰我くんにズブズブとハマってきてる次第でして。

あーだこーだメンバーカラーを考えてみたんだけど、

なかなかしっくりくるメンバーカラーが思いつかない。

 

そこで、デビュー組や既にグループを組んでいるジャニーズJr.のグループの

メンバーカラーを見比べてみようかと思い立ったので

今回のブログにまとめてみた結果を記録してみます。

こーゆーブログありがちだけど。笑

 

※現在ジャニーズ事務所に所属している人だけでなく、私の中でメンカライメージのある退所済の人も含みます!

※順番などは公式の並びなどを参考にしてますが特に意味は無いです!

※諸説あるやつ多くて心折れかけたから、諸説あるのは私の認知してるイメージ優先しました…笑

 

※コメントでご指摘いただいたので追記!私の知識と調査不足でV6の坂本さんと井ノ原くんのメンカラが逆になっちゃってたみたい…すみません(;;)

下の表とか訂正しましたが、一応ここに注記しておきます🙇💦

坂本昌行さん→、井ノ原快彦さん→、らしいでっす!言われてみれば納得!!ご指摘ありがとうごさいました!知識が増えました!

参考になるブログ発見したので脚注つけて一番下にリンクはっておきます!V6のメンカラの変遷、難しくてびっくりした笑*1

 

 

はい!ドドン!!

 

f:id:saltre244:20200314014406j:plain

f:id:saltre244:20200304004413j:plain

*上が訂正後、下が訂正前のやつです。 

 

細かくて見づらいというコメントが聞こえてきました。

そうですよね、私も自分で作っていて思いました。笑

 

太字で灰色で塗りつぶされているのが、現在の所属メンバーです。

太字になっていないのはグループ脱退済の人、色が薄いのは退所している人です。

King&Princeに関しては、メンバーカラーがちょっとばかり特殊なので、

独断と偏見で11色の色の中に分類しました🙇

右端の列はグループの現在の人数、

一番下の行は現在グループに所属しているそのカラー担当の人数の集計です。

要は太字の計です。

 

 

  • 感想。

 

メンカラと言えば、定番はやはりの信号カラーかと思ったんですが、

多い順に並べてみると▼

 

(21)→(20)→(19)→(17)→ピンク(13)→オレンジ(12)→黒(5)→白(4)→水色(4)→黄緑(1)

 

となりまして、思いの外が多かった印象を受けました!

ピンクは多めなイメージありましたが、

それに匹敵する程オレンジがいることも驚きました!

 

あと、近年は黒とか白も増えてきているのかな?という感覚。

これは、ペンライトの色の関係もあるのでしょうか?

 

Snow Manは黒と白どっちもいるけど、どうしてるんだろう??

素朴な疑問。

そういえば、去年HiHi Jetsの髙橋優斗くんはピンクだったけれど、

作間龍斗くん、井上瑞稀くんと区別がつきにくい

という理由で白に変更されていた気がします。

 

見つけた!ISLANDTV!

j-island.net

 

さてさて、見分けやすさも重要なんだということが分かってきたところで、

色をもっと意識して表を見てましょう!

 

 

はい!ドドン!!

 

f:id:saltre244:20200314014653j:plain

f:id:saltre244:20200304014934j:plain

 *上が訂正後、下が訂正前のやつです。

 

いかがでしょうか、すこし色と名前のイメージわきませんか??

 

錦織一清長瀬智也森田剛堂本光一櫻井翔・山田涼介・北山宏光

佐藤勝利・橋本良亮・重岡大毅平野紫耀 (真紅)ジェシー宮舘涼太・越岡裕貴・

宮近海斗井上瑞稀・佐藤龍我・菅田琳寧・西畑大吾・嶋﨑斗亜・末澤誠也

 

強っっ!!やはり、グループの顔となるセンター的な人物は赤が多い印象ですね。

メンカラ赤のセンターとか、完全に主人公。

強いわ。

 

クリエCなら誰だろうか?

センターっぽさでいうと佐藤新くん??

でも個人的には影山拓也くんも赤っぽい感じするのよね…

でもグループに赤の人は必要だと思うからちょっと保留。

ハイ次!

 

  • オレンジ

三宅健丸山隆平・有岡大貴・横尾渉マリウス葉桐山照史向井康二

松倉海斗・浮所飛貴原嘉孝大西流星・福本大晴

 

オレンジは明るくて太陽みたいな愛されキャラのメンバーが多い感じの印象です。

面白がられてメンバーからいじられるけど、なんだかんだ超溺愛されてる感じ。

個人的には健くんと原ちゃんはオレンジっていう認識が無かったので、ちょっと意外だった。

でも納得。

 

クリエCなら誰??

えーっとこれもめっちゃ悩むな…松井奏くんか椿泰我くんじゃない?

奏に関してはたぶんSHOCKの影響を受けている…笑

キャラクター的にはつばきくんオレンジっぽいよね!

 

植草克秀岡田准一二宮和也・増田貴久・八乙女光玉森裕太

塚田僚一中間淳太・高橋海人 (ひまわりイエロー)髙地優吾・岩本照・辰巳雄大

吉澤閑也・岩﨑大昇・中村嶺亜山本亮太・

長尾謙杜・岡﨑彪太郎・草間リチャード敬太

 

黄色!これも定番カラーだね!

グループの中では割と名前が売れてたり、個人の印象も強めの人が多いイメージ。

なんだろ、赤の人とは違う系統だけどグループの玄関になりがちな人?みたいな。

一芸に優れてるというか、何かの印象的な特技・特徴持ってる人な印象を受けた!

 

クリエCなら誰だろ?

色のイメージだと基俊介くんか椿くん?鈴木大河くんでもありだな。わからん。

 

  • 黄緑

薮宏太

 

黄緑って藪くんしかいないんだね!!驚きました!

緑と区別つかないかなって思うので、あんまりメンカラにならないのかしら…?

でも、緑って言いつつ黄緑使ってる人もいるよね~

NEWSなんかは4人になってからメンカラはパステルカラーで使ってるし!

その辺りは曖昧ですね笑

 

クリエCには絶対黄緑でしょ!!みたいな人は居ないから、緑で良いのではないでしょーか?笑

 

城島茂・井ノ原快彦*2相葉雅紀加藤シゲアキ大倉忠義岡本圭人

二階堂高嗣松島聡神山智洋森本慎太郎阿部亮平・福田悠太・

中村海人・猪狩蒼弥・藤井直樹・本髙克樹・松本幸大

大橋和也・當間琉巧・佐野晶哉

 

癒やし系だね、あとはちょっとクセのある人。

私、メンカラ緑の人、好きな人多いかも!

シゲアキ、あべちゃん、本髙とか、頭良いイメージあるよね~

 

クリエCなら誰かな?

基くんかがちゃん(鈴木大河くん)だな。なんとなく。根拠は無い。

まだそんなに良くキャラクター知らないので…σ(^◇^;)

 

  • 水色

中島裕翔・千賀健永・神宮寺勇太 (ターコイズブルー) 那須雄登(青?) 

 

ターコイズブルーって緑か黄緑か青か水色かでめっちゃ悩んだんですよ…笑

結局少数派っていうことで水色に分類しましたが。

かっこいい!担当だけど、知っていくと変わってる一面が見えてくる沼、みたいな?

ゆうてぃーと千ちゃん、じんちゃんのイメージの共通点ってそんな感じにしか思い浮かばなかった。

*追記の時に色々調べ直してみて、美 少年の那須雄登くんは水色という表記のものが多かったので青グループから水色グループに移しました!括弧して青と書かれているものもあったり、青となってるものもあったりしたので一応(青?)としてあります笑

 

クリエCには水色っぽい人は居ないかな…うーんわからん。

 

国分太一坂本昌行*3堂本剛大野智安田章大上田竜也・伊野尾慧・

中島健人・五関晃一・藤井流星・田中樹・渡辺翔太・

松田元太・橋本涼藤原丈一郎・西村拓哉・正門良規

 

青は欲しいよね!私堂本剛さんと、大野智さんが大好きな松田元太担なので!!

私情挟みまくりだけど、メンカラ青は強いっていう印象です。笑

個性を武器にそれぞれが独自のスタイルで活躍してるイメージがあります。

そして、顔面が強い。

夢のメンカラ青ユニット。

いつかカウコンとか歌番組のコラボ企画で何かやって欲しい!!

 

クリエCなら誰かな~?

かげちゃんか新か奏か、、、個人的には影山くんがいいな。原色の青って感じ。

 

松岡昌宏長野博松本潤小山慶一郎村上信五中丸雄一高木雄也宮田俊哉

菊池風磨河合郁人濵田崇裕岸優太深澤辰哉松崎祐介

作間龍斗佐々木大光江田剛高橋恭平大西風雅島健

 

紫か。個性の塊みたいな人たちだな笑

しっかし、このメンツ集めてみたら絶対キャラ濃すぎてキャラクターの渋滞起こす。

ちょっと面白キャラみたいな人も多めかな?

 

クリエCなら??これは横原悠毅さんでしょ!!

紫の人員いるなら絶対よこはらくんだよ!

 

  • ピンク

中居正広手越祐也亀梨和也・知念侑李・藤ヶ谷太輔戸塚祥太

小瀧望岩橋玄樹 (濃いピンク)京本大我佐久間大介

七五三掛龍也・金指一世・今野大輝・道枝駿佑

 

かわいいピンク。濃いめのビビッドピンク。いろんなピンクの人がいる。

でもやっぱりキャラクター的には愛されるキュートなかわいさを持ってる人が多い感。

グループの姫的な?

 

クリエCだったら、強いて言うなら新か奏?

紫と赤を作るならピンクは居ない方が良さそうだけどね。

 

東山紀之横山裕永瀬廉 (漆黒)松村北斗目黒蓮

 

ヒガシさんが黒だったなんて!知ってた??私は知らなかった!!

勝手に黒の印象はあったけど、メンカラが黒だってことは存じ上げませんでした…!

よこちょが黒なのはエイトレンジャーで把握済ですが、最近黒も流行気味?

ビジュアル担当のイケメン枠、だけどどこかが変。みたいな人のイメージ。

かっこいいけど、ペンライト的には難しいよね。白で代替してる印象。

 

クリエCなら~、横原くんかな!紫か黒か。悩みますね、どっちも似合う。

 

ラウール・川島如恵留・髙橋優斗・矢花黎

 

白はのえるくんしか居なかったのに、去年仲間が増えたね!!

白が似合うのは美しい人。どこかキレイな印象のある人たちかな。

矢花って青だと思ってた。変わったのかな?侍詳しくないんでわからん、、、

 

クリエCならどうだろうか。白よりは黒かなって感じかな~

 

 

はい!以上がざっくりとした感想です。

メンカラ現存メンバーまとめ▼

f:id:saltre244:20200314015254p:plain

f:id:saltre244:20200304015155j:plain

 *上が訂正後、下が訂正前のやつです。

 

 

 

さてさて、せっかくここまで考えてきたので、

クリエCのメンカラについて私の見解を!

 

佐藤新  →

椿泰我  →オレンジ

基俊介  →

鈴木大河 →

山拓也 →

松井湊  →ピンク

横原悠毅 →黒

 

佐藤新 プロフィール | ISLAND TV

椿泰我 プロフィール | ISLAND TV

基俊介 プロフィール | ISLAND TV

鈴木大河 プロフィール | ISLAND TV

影山拓也 プロフィール | ISLAND TV

松井奏 プロフィール | ISLAND TV

横原悠毅 プロフィール | ISLAND TV

 

奇しくもペンライトの色で考えるとトラジャみたいな配色になってしまった( ̄∇ ̄)

まぁ、結局どんなメンバーカラーになろうと、自然と馴染むからね!

本人達が納得いく色になればいいな~

そしてあわよくば限定のユニットではなくちゃんとしたグループになりますように🙏

 

Twitterで「#C色」で調べると、みんなのイメージがたくさん書いてあって楽しい!

 

クリエのチケットははずれてしまったので、残念ながら行けないけど、

5月8~10日が彼らとファンの人たちにとって最高に幸せな時間になることを祈ってます!

 

何歌うんだろ!配信して欲しいな~~

 

夏くらいにコンサートやってもらって、ファンファーレ披露してください!!

椿くんに会いたい!!!

 

みんなの未来に幸あれ(^▽^)

 

j-island.net

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

2020/3/24に、クリエCのメンカラの結果が発表されましたね!!!!

この記事へのアクセス数増えてビビってますσ(^◇^;)

 

結果発表動画はこちら!▼

 

j-island.net

 

見てください!!ってかんじですが一応こちらにも結果をまとめておきます!

 

 

動画の通りの順で失礼しますm(__)m

 

横原悠毅 →

鈴木大河 →

基俊介  →オレンジ

佐藤新  →

松井奏  →ピンク

山拓也 →

椿泰我  →

 

私の予想、奏とがちゃんしか合ってない(笑)

まぁ、いいのよ!納得よ!

新の白が意外だったけど、言われてみれば超納得。あらたホワイトね、了解。

SHOCKジャージの奏可愛い~

椿くん司会がんばってる可愛い~、どんどん画面から見切れて行っちゃう可愛い~

なんか色は二択で悩んで選んだ方の反対になったのが多かったな~(笑)

 

はえび座、SHOCKと観てきて椿くんに激ハマり中なので、椿くんが黄色になったことを発表してるときに、NEWSの増田くんと同じって言ってるのが嬉しかったです!(如何せん元NEWSシゲアキ担ゆえ。)

 

それから、結局メンカラ7色、全てトラジャと同色ですね!!

並べてみます(私情極み)、順番はトラジャ合わせです。

 

 

宮近海斗・影山拓也(赤)

中村海人・鈴木大河(緑)

七五三掛龍也・松井奏(ピンク)

川島如恵留・佐藤新(白)

吉澤閑也・椿泰我(黄)

松田元太・横原悠毅(青)

松倉海斗・基俊介(オレンジ)

 

 

わかるーーーーーー!!!!!!!

全私が共感した。

トラジャと、クリエCでメンカラ対談とかやって欲しい!

あわよくばペアで歌って踊ってほしい!!

 

❤️ちゃかと影ちゃん、圧倒的エース感な!面白くて頼りになる仕事人って感じが似てる!

💚うみとがちゃん、癒し系でマイペースぽいイメージかな?もっと知りたい!知ったらヤバそうな沼ぽい。

💗しめと奏とか、かわいいの化身じゃん?!並んでるとこみたいなぁ~、あざとさ120%の自撮りをして欲しい。グループ内の動画更新担当になりそう。美意識。

♡のえるさんと新とか、美。美しいという形容が一番似合う二人だよね??線が細くてキレイな感じが似てるかも。白は白でも純白ってかんじ。

💛しーくんと泰我くんかぁー!黄色って面白さ要素求められがちなのかな?なんかあったかくてほっこりするタイプだよね、でもパフォーマンスとのギャップやばいよ、ってなって気がついたらズブズブにハマってる。二人とも気が使えて周りのために空気読んで動くイメージ。なんか、NEWSのまっすーみたいな方向性目指してほしいなこの二人には!

💙元太くんと横原くん、顔面っょぃ!!二人に並ばれたらもうオタクは「「顔が良い………」」としか言えなくなるよな…。いやーーー、この二人のトークとか聞きたくない??めっちゃ面白いと思う、たぶん、ワールド炸裂するって!

🧡まつくと基くん、おもしろ不憫ポジションになりそうなオレンジ。私はまだ基くんを良く知らないので何ともいえないけど、グループ内のいじられキャラになる可能性は秘めてると思った、ISLANDTV見てる感じでは。今後のキャラ立ちに期待大です!なんかダンス個性派なイメージはあるなー、目を引く踊りするよね、二人とも。

 

 

てなわけで、結果が出たのでちょこっと追記するつもりが長々語ってしまいました(笑)なにか間違いだとか、気になること有る方はお気軽にご連絡ください!

Twitterお友達募集中です!トラジャとクリエC好きの方としゃべりたい!!

 

 

クリエ行かれる方のレポ待ってますので!私もチケットあれば行きたかった(T^T)

こんなご時世ですが、彼らの初単独公演が無事に行われますように🙏💕

 

 

 

そる(2020/03/04)(2020/03/14編集・追記、2020/03/24さらに追記)

 

*1:参考になりそうなブログ▼

V6とメンバーカラーの変遷① | 例えるならトムとジェリーの現代バージョン

*2:最初、坂本昌行さんで書いてましたが、違ったので編集済です

*3:最初、井ノ原快彦さんで書いてましたが、違ったので編集済です

初めてのドリボ、感想など。忘れた頃に…

2019年9月、初めて『DREAM BOYS』という作品を観劇してきた。

帝国劇場『DREAM BOYS』

今まで縁がなくて観たことがなかったけど、今年はどうしてもどうしても観ておきたかった。

 

理由は色々あるんだけど、主なものは2つ。

 

1つ目は、演技をしている、帝劇の0番に立っている岸くんをどうしてもこの目で観たかったから。

2つ目は、演出に私のリスペクトする堂本光一さんが関わったから。

 

結果としてRIDE ON TIMEで裏側までもが映像として観ることができちゃった訳だけども、やはり舞台は自分の目で観ることに意義がある。

行けて良かったよマジで。

最初、FCでも一般でもチケットがご用意されなかったのデス。

ご縁をくださったリア友のお母様に感謝。

そして、見事に梅芸SHOCKと期間かぶってて行けない日程多かった中で、最初の週のチケットが手に入ったのもある意味運命的。ありがたや🙏

 

 

感想をざっと書いておきます。(ネタバレあります)

 

 

 

まず、ストーリーについてもボクシングの話らしい、ってくらいのフワッとした前知識しか無い状態で行ったので、かなり物語の展開に驚いた。

主人公はユウタ。チャンプ(ライバル)はジン。

この時点でWゆうた尊いオタクは設定やら何やらでエモ過ぎて泣く。

岸くんが「ユウタ」という名前で帝劇0番に立っている、ということに感動しすぎて泣く。

ジンが劇中でかっこよすぎだし強いのに優しすぎて泣く。

ユウタとユウトがかわいすぎて泣く。

ユウトがかわいそうで泣く。

ユウタがお兄ちゃんとしてかっこよすぎて泣く。

 

終始泣きまくりだった。

さすがジャニーズの舞台!という感じで、ストーリーの要所要所でダンスやフライングなどのパフォーマンスが盛り込まれている。

ジャニ舞台の作品は、繋がりがよく分からないカオスなパフォがあるイメージだったんだけど、今回は光一さんが台本から演出に関わったようで、そうしたストーリーとの関連性が密に練られていて、観ていて違和感なくパフォーマンスを観ることができた。

私が観に行ったのは始まった週だったので、フライングとか岸角とかは観ながらちょっとドキドキしちゃったけど、1ヶ月のうちにレポからその技術とかの向上が感じられたのも嬉しかったなぁ。

 

分類的にはミュージカルなんだと思うんだけど、歌ばかりのミュージカルではなくて、お芝居のシーンも思ってたより多くあった。

アドリブだと思われるシーンもちょいちょいあって、特にユウタとユウトのシーンはクスッと笑えて可愛かった( ´艸`)

 

岸くんがアコスティックギターを弾いていた…!!

私は自他共に認めるスキル厨。楽器を弾ける人、歌が上手い人、ダンスが上手い人、パフォーマンスに対してストイックな人がとにかく大好き。元々大好きな岸くん、ギターまで弾けるようになられちゃあ、私はもう降参です…(←別に戦ってないよww)

お歌が上手い、声がいい。岸くんの手は指が長くて美しい。あの指が弦を押さえるのを二階席から双眼鏡で凝視してごめんなさい。お顔よりおてて見てました(謎のカミングアウト)

 

じんちゃん、歌上手くなったね!ミュージカルの発声がちゃんとできていて、聴いていて安心感がありました。感動した!チャンプって役はなかなか難しい役だと思うんだけど、ファイト中とか天国のシーンとかの演技がとても良かった。泣けた。

 

 

私はEndless SHOCK中毒者なので、何を観ても心のどこかでSHOCKと重ねてみてしまうんだけど、最終的に消えてしまう運命にあるという点でドリボのチャンプとSHOCKのコウイチは重なるんですよね。私の中で。消えてしまうものは美化されがちだけど、消えていくときに本当に美しいのはそれまで歩んだ道のりの全てが美しいとは言えないときかもしれない。何か、どこかで間違った経験は誰しもあるけれど、死ぬときはそれすらも美化される。

生きた証は皆の心にちゃんと残っている。精神論みたいになるけど、結局はその人の影響だったり心臓という物理的なものであったり、形は様々であったとしても生き続けているっていうね。

試合の最中、ショーの最中、どちらもShow must go on。その人なりの運命を生き続けなきゃいけないんだろうね。

ドリボにおける主人公はSHOCKでいうとライバルに近いのかもしれない。過ちを犯してしまって、過去やしがらみに囚われてもがき苦しんでいる。一人じゃないのに、自分を追い込んで周囲から孤立していく。私にはそんな風に共通点があるようにみえてしまった。

 

全く別の作品なのに比較するのもおかしな話かもしれないけど、私にはそうみえたんだっていうのが、作品の感想かなって思うので書いてみてる。

 

SHOCKはコウイチ中心、ドリボはユウタ中心。キャラクター的には主人公とライバルの関係性が逆転している感じで、観客目線では感情移入する側が変わるのかな?私は割と俯瞰で、誰か視点で観ないタイプなのでその辺が興味深かった。

舞台作品の受け取り方なんて、観客によってそれぞれ違って当たり前だし、他の人の感想や考察を読んでなるほどそんな見方もあるのね!ってやるのが楽しい訳だから、それぞれある程度なら好き勝手書いて良いかなと思ってる。

 

 

ユウタとジンの物語はとても美しかった。

作中で描かれるオトナが、決して終始「良い人物・美しい人物」ではないこともあり、誰しも間違うことはあり得るし、過去は消せないし取り戻せないかもしれないけれど気がつけば未来は変えられるかもしれないっていうメッセージはあるよね。

物語中盤からなんとなくユウタとユウトの母親について、察したけど。後半の怒濤の急展開というか次々暴かれていく感じは、いかにもって感じ!

 

 

2019年のドリボしか知らないけど、ドリボの楽曲もすごく良かった!

岸くんが弾き語りしてたTHE DREAM BOYS

この作品の核となる曲だったのかな?2幕の絆とのリミックスみたいなReprise版もすごく良かった。SHOCKのCONTINUE的な感じのイメージ。光一さんイズム?笑

2幕最後でのこの曲はとても感動したな~、涙止まらない。

それから、NEXT DREAM

これは定番曲?観る前からドリボのイメージはこの曲だった。

さわやかでいい曲だよね。ユウタとジンの物語を知ってから聴くと泣ける。

あと、Nightmareね。

ソファーとユウタ。とにかく美しくて妖しくて、素敵だった。

ダンスが良かった。

ジンに関しては、Fight Man

歌詞は怪しいけど、歌い出しのアカペラがバチボコにキマってて格好良かった!!!!

1,2,3でGet Down!リングにKissしなFight Man!!

それからそれから!忘れちゃいけないのがDREAM BOY

これは以前光一さんがドリボのために作った曲!

そして、劇中ではHiHi Jets演じるアイドルグループが歌うデビュー曲。

光一さんが歌うDEMOが1幕で流れた時には震えました!!嬉しい!!!

どこか切ないメロが良いよね。格好良かったな。

HiHi Jets版も光一さん版も音源売ってくださいな…!

 

 

2幕ラストはShow Time。

挑戦者/DREAM BOY/DREAMER/King&Prince,Queen&Princess

というセトリ。

帝劇で主役張ってるWゆうたが尊すぎて、超感動した。゚(゚´Д`゚)゚。

KPQPはズルいよ。゚(゚´Д`゚)゚。

良い意味で、ジャニーズのアイドル・King&Princeのメンバーとして、帝劇に立っている感じがして、Show Timeも素敵だなって思った!

 

 

終わってすぐ書けば良かったんだけど、如何せん忙しかったもので超遅くなっちゃって、今更感想書いてもアレかなって思ってたけど。

書いてみたらちゃんと記憶に残ってるので、良かったぁ…笑

観に行った甲斐があったなって思いましたね。

自己満感想文はこんなもんです。

 

ぜひ円盤化して欲しい(T-T)

RIDE ON TIMEは良くも悪くもドキュメンタリー。

切り取り方が時として胸にグサグサくる…結局思い出したくて繰り返し見ちゃうんだけどね。複雑だわ、オタクの心は。

 

 

あとね、下書きに長いこと入ってた、ドリボ直後に書いた私が岸くんに出会ってからのエモ一人語りがあるのでそれもついでにUPしちゃいます~(恥)

ブログは自己満なんで!!いいんです!!書きたいように書けば!!笑

 

 

 あぁ、出会えて良かった。だいすき。

 

 ――――――――――――――――――――

 

私はKing & Princeの岸優太くんが好きだ。

好きな人が(とてつもなく)多い私だけど、初めてジュニア時代から興味を持って応援していた人が岸くん。

所謂お茶の間というタイプのファンで、彼を好きだと認識して初めて彼目的で観たのはドラマ『近キョリ恋愛 ~Season Zero~』だったと思う。

2014年7月クールの深夜ドラマ。

www.ntv.co.jp

岸くんの演じた奏多という役は、岸くんのハマり役だった。キラキラしていて、どこか儚くて、とっても切ない。正しく青春の輝きを感じて、当時高校生の私は完全に恋に落ちた感じがした。女子校だったので、少女マンガの世界に憧れる子はたくさんいたけど、山Pのやった映画の方は付き合ってくれたけど、映画で描かれる世界の昔を描いたこっちのドラマまで一緒に観てくれる子が周りにいなくて寂しかった記憶。毎週深夜にリアタイして、泣きすぎて、翌日目が開かなかった(笑)

岸くんの演技が素晴らしかったので、彼の過去出演作である『仮面ティーチャー』を観てみた私はびっくりした。獅子丸くんは奏多とは全く印象の違う役だったからだ。ケンカもののドラマはあまり得意じゃなかったけど、このドラマでも岸くんの演技にどこか儚い印象を抱いた。

仮面ティーチャー|日本テレビ

 

そしていい感じに岸くんに惹かれていた時、とてもタイムリーに素敵なドラマのお知らせが届いた。

それが『お兄ちゃん、ガチャ』。

このドラマ、岸担にとってはやっぱり特別なドラマだと思う。

www.ntv.co.jp

 2015年1月クールの深夜ドラマ。

鈴木梨央ちゃんと岸優太くんのW主演だった。

 

大抜擢。

脚本は野島伸司さん。

たくさんのジュニアが出演した。もちろん、岸くんの先輩も。

このドラマについて語り始めると止まらないので、とにかくまだ観ていない人が居たらぜひ今すぐに観て欲しい。その尊さ、観れば分かる。たぶん。笑

ガチャガチャで理想のお兄ちゃんを引き当てることを夢見る少女達、というなんというかちょっとヤバい世界観の作品なんだけど、ヲタクの夢と希望が詰まってる。野島伸司ありがとう。なによりトイくん、格好良すぎる。レイとトイの格好良さが尋常じゃなくて、とにかく両手を合わせて拝みたくなる。PON!でお兄ちゃんズを引き連れて歌って踊った時とか、特にヤバい。現実じゃない夢の世界だから安心して夢見て憧れたのに、生放送でキャラクターで歌われたらとにかく混乱してしまってもうなにがなんだかよくわからないよってなってしまった記憶。

だめだ、結局本題に入れない…笑

とにかく、このドラマで決定的に岸くんを好きになったんです。

“きしりお”が尊い話は、いくらでもできる。知らないあなたは、今すぐにお兄ちゃんガチャのドラマおよびそのメイキングを観てくれ。頼む。

私、一人っ子だからお兄ちゃんへの憧れが他の人よりもすごいのかもしれない。夢。

 

余談ですが、2019年の春に鈴木梨央ちゃんが舞台に挑戦しました。

その作品は『奇跡の人』。聞いたことある人も多いかもしれない、ヘレン・ケラーサリヴァン先生の物語。子役の印象が強い梨央ちゃんだけど、すっかり演技派の女優さんとしての道を歩んでいて、観に行って感動しちゃった(T-T)

その舞台を岸くんも観に行ったようです…!!なんて、尊いの(T-T)♡

未だに交流が続いているというのは、オタク心的にも嬉しいものです!

 

それから、バラエティ番組や雑誌などの色々な茶の間ファンでも見ることができる《岸くん》をたくさん見た。

色々な岸くんを知っていく中で、私のお気に入りはやっぱり演技をしている岸くんだった。特に、舞台『Endless SHOCK』に出演していた時の映像に行き着いた日の衝撃は忘れられない。1000回記念のが円盤になっていて良かったけど、欲を言えばもっと早く岸くんのことを大好きになっていたら良かったのに…なんて後悔先に立たず、です。岸くんのSHOCK出演はちょうど先程述べた『お兄ちゃんガチャ』がやっていた2015年の3月で終わり、、、

ジャニアイとかもあったけど、チケット戦争は激しいし、私は受験だし…と、とにかくタイミング悪すぎて自分を呪ったよね。

黒崎くんの言いなりになんてならない』を受験勉強の合間に早朝一人映画キメてきたり、大学でじぐ担と出会ってキンプリデビューの喜びを分かち合ったり、中高時代はK-POPに夢中でジャニーズ無縁だった友人が突如として海ちゃんにハマって沼へ誘導したり、、、思い出は沢山できた。それに、運良く1stコン横アリを当てて、初めてちゃんとリアルな岸くんを観に行くこともできた。

でも、演技する岸くんは映像でしか観られてないままだった。

気がつけば時が経ち2019年。

Wゆうたのドリボが決まって、今しかないなって。

舞台で岸くんを観るなら今だなって、思った。

 

本当に本当に、岸くんを好きになることができて良かったし、タイミングも今となってはこれで良かったのかもしれない。

あ、でもやっぱり岸くんのSHOCKは観たかった…。゚(゚´Д`゚)゚。

まだ、諦めてないので。ライバル役でいかがですか?笑

 

今は冗談半分だけど、いつか絶対。

光一さんと同じ舞台に立っている(できれば帝劇で)岸くんを観ます。

その日まで、夢見て待ってるからね!

 

また、チャンスがあれば『DREAM BOYS』も観に行きたいな!

再演決まりますように🙏

 

 

そる(2020/2/24)

SHOCKのことしか考えられない2月。

長い長い独り言です。

 

 

なんでこんなに毎日毎日SHOCKがどーのこーのってツイートばっかりしちゃうんだろうかって、自分のツイートみて呆れちゃうくらい、

口を開けばSHOCK、Twitter開いてもSHOCK…

とにかく毎日SHOCK、SHOCK、、、

 

 

 

私は気がついたらSHOCKが大好きで、何かにとりつかれたみたいに頭の中がSHOCKで占領されてる。

 

私は遅咲きのSHOCKオタクで、ガチでハマったのは去年のEndlessSHOCK2019だった。

というのも、KinKi Kidsが好きだけどSHOCKのチケットってやっぱり倍率高いし、チケ代も高いし、2月3月って受験だなんだって結構忙しい時期じゃない?タイミングになかなか恵まれず、ようやく観に行けたのは2018年の帝国劇場だった。

 

そこで完全に沼に落っこちたふぉ~ゆ~の福田悠太さんは、今でもSHOCKのフクダが一番好きだし、あの日ステージで一際輝いて見えて以来大好きなのが寺西拓人さん。

 

 

SHOCKってスゴイ!!毎年観たい!!何度でも観たい!!

これぞ最高のエンターテイメントだ!!

 

 

そんなレベルの感想しか言えないくらい、2階席の私の目の前に舞い降りた光一さんの姿に感動してびっくりして魔法にかけられたあの年。

 

元太くんのことを好きになって、光一さんも福ちゃんもテラも元太くんも観たくて目が足りなかった2019年の帝劇。

元太くん、もしかしたら最後のSHOCKかな…なんて思って頑張って気合い入れて通った2019年秋の大阪梅芸。

 

そして

 

今年は福ちゃんも元太くんも居ない、自担不在のSHOCK。

 

 

でもSHOCKの出演者はみんな大好きになっちゃうし、結局目が足りないのはいつものこと。

今年は、やっぱりゲンタの姿を探してしまって、気がついたら椿くんばかり観ている…(笑)忘れられないゲンタの姿を重ねてしまって、自爆してる気がするけど、タイガもかなり魅力的。ダンスがいいね!それから感情が表情によく出てて台詞が無くてもわかりやすい演技が良い👍️

 

 

SHOCKっていう作品の魅力はとても一言じゃ語れない。

光一さん中心に年々ストーリーやパフォーマンスをより良いものへと更新しているところもそうだし、キャストが変わったら表現の違いを比較できて面白いし、なんなら2ヶ月の公演期間でも随分変わるんだよね。

とにかく物語や人の成長や進化を体感できるのは、SHOCKの面白みの一つであることは間違いない。

やっぱりミュージカルだから、歌もダンスもあるし、殺陣も階段落ちも太鼓もフライングもあるし、とにかく盛りだくさんのエンターテイメント、そしてなにからなにまでクオリティが高い。

 

スキル厨だからたまらないよね( ´艸`)

 

メインキャストは勿論、アンサンブルさんや携わっているスタッフさん含め、みんながその高いクオリティを支えているし、とにかく隅々まで見逃せない!

 

今年はキャストがガラッと変わったせいか、客席の反応が新鮮でびっくりした!

笑えるシーンで笑いが起きたり、定番ネタでも新鮮にウケたり、飛んでくるコウイチにびっくりしたり!

あーゆー驚きこそがエンターテイメントの魅力だし、醍醐味だし、やっぱり舞台は客席の反応も込みでその公演が完成してるから、初めてSHOCKを観る人の反応ってすごく大切だなって思う。

 

あの驚きは最初しか味わえないものもあるから、今となってはもう一度あの初めてのSHOCKを味わいたいだなんて思っちゃったりする。

もう無理だけど。

無理だとわかってるからこそ、余計に羨ましいみたいなとこあるよね。

 

初めて観たSHOCK、でもストーリーをなんとなく追ってるだけだと、舞台の面白いところに気がつかないことって割と頻繁にある。

SHOCKに限らず、舞台って物語の一番メインの部分以外の人たちの演技にも着目すると、より深く作品を理解できるし、新しいサイドストーリーが見えてきたり、意外な発見があったり、、、

とにかくなるべく視野を広げて観てほしい。

きっとその方が印象に残るし、観た後の感覚も違うと思うから。

舞台の面白いところはそこなんじゃないかな?って私なんかは思ってる。

 

なにはともあれ、SHOCKが最高のエンターテイメントであることは間違いない。

私は一瞬たりとも見逃したくない。

今年もSHOCKに頭を占領されつづける2月を過ごすことになりそうです。

 

面白いブログ書きたいな~

 

Twitterじゃ書ききれない、長い長い独り言でした。

今日は少クラ、千年メドレーだ!!楽しみ!!

 

 そる(2020/2/14)

表舞台を去るということ。

いつだって、その時は突然やってくる。

 

そんなの、以前から経験していたし、頭ではわかっているつもりだった。

でも、やはりどこかまだ他人事なのかもしれない。

 

 

仲間との別れや、グループの解散や活動休止。

そんな出来事も、近年私の意識する範囲で頻繁に起きるようになった。

その時に感じるさみしさと、応援していた人が表舞台を去ってしまうさみしさって、

似ているけど実はちょっと違うのかもしれないなって。

 

だって、もう、みられない…

その人が確立してきた“芸能人”としてのその人の姿を。

永遠のお別れに限りなく近いわけで。

 

 

表舞台を去った後の行き先なんて人それぞれだけど、

その人が裏方に回るという選択も勿論ある。

 

色々な事情やタイミングなど、様々な要因が重なって。

そうなることがベストであるように思う時がやってきたのかもしれないし。

それ以外に選べる道が残ってなかったのかもしれないし。

そんなの、伝えられることの方がレアケース。

想像するしかない。

 

華やかな舞台上に立つ姿を見てきた・応援してきた人からすれば、

その選択は時には受け入れ難く、辛くて余りに残酷なものに思えることもあり得る。

 

 

昨年、私の応援している人が演じた役を通じて、

華やかな舞台上に立った経験のある人が、

もし、舞台を降りて裏方として支える側に回ったら

その時どんな気持ちになるのだろうか…

そんなことを考えた。

 

やむを得ない事情があって、引退せざるを得なくなってしまったとして…

もし、志半ばだったら?

その人に表舞台での叶えたかった夢があったら??

たぶん、表舞台で頑張ってきた人なのだから、それなりに挫折も経験しているはず。

それでもその時まで続けてきたのならば、

やはりハングリー精神のようなものを持っている人なのではないか?

 

もし、自らの意志で《終わり》を決めて引退したのだとして

その人は過去の輝きに捕らわれたままになることは無いのか?

 

そんな風に色々想像していたら、なんだかとってもさみしくなったのを覚えている。

 

 

 

私は往生際が悪いのは見苦しいから好きじゃない。

だからいつだって潔く諦めるように心掛けてる。

でもそれはもしかしたら間違ってるのかもしれない。

諦めずにもがくことが人生を豊かにするのかもしれない。

20年ちょっと生きてきて、ようやくそんな考え方もあるなって気づいたり。

 

でも、やっぱり突然《終わり》を提示されたら…

 

本人だって応援してきた人だって、さみしいのは当たり前じゃない?

さみしいっていう感情は、絶対否定しちゃいけないと思うんだ。

 

できることならば、その人の去り際をなるべく美しく華やかなままにしたい。

それが応援してきた人にできる、信頼あってこその最後の“応援“なのではないか。

 

だから、もしその時が来たら

 

さみしいなって気持ちを抱えながら、

今までのたくさんの感謝を伝えられたらいいなって思う。

 

 

まずは、その時が来るかもしれないことを時々思い出して

常日頃から応援している人に感謝を伝えていきたいな。

伝えられるうちに。

 

 

期待されて生きるのってすごいプレッシャーだろうし、

私には到底想像もできないくらい大変なことなのだと思う。

 

私は輝いている人を応援するのが大好きだから

だからきっといつまでもアイドルという存在に憧れるんだろうって。

 

終わりまで見届ける覚悟で、

大好きだって気持ちを伝えたい。

いつもいつも、あなたは私の心の支えですって。

たくさんの感謝を伝えたい。

 

後悔しないように。

 

 

色々考えるきっかけをくれた、あなたにも感謝。

 

踊るあなたが大好きです。

今後もあなたの作品にどんな形でもいいから出会えることを願ってます。

今まで素敵な笑顔と作品を私にみせてくれてありがとうございました!

秋山大河くん、MADEの君が好きだったよ。

 

そる(2020/1/16)